トップページ > 原口典之

はらぐち のりゆき

原口典之

Noriyuki Haraguchi

神奈川県横須賀市に生まれる。日本大学芸術学部美術学科を卒業した。
もの派の主要アーティストとして知られる。1960年代後半から美術家として活動を始め、1977年、ドイツ・カッセルの美術展「ドクメンタ6」に初めて日本人作家として選ばれ、出展した作品「オイルプール」(廃油を満たした巨大な鉄のプール)は「美術界に衝撃を与えた」と評される。作品「オイルプール」は、展覧会終了後はイランのテヘラン現代美術館(英語版)に展示されている。
続いてパリ市立近代美術館でも「第10回パリ青年ビエンナーレ」に参加し、1978年にはデュッセルドルフのGalerie Alfred Schmelaで海外での初個展を成し遂げた。
2001年、ミュンヘンのレンバッハハウス美術館における個展「NORIYUKI HARAGUCHI」、2007年ハンブルク美術館におけるマレーヴィチへのオマージュ展“Das Schwarze Quadrat. Hommage en Malewitsch” など、大規模な個展で海外での評価が高い。
2009年に横浜のBankART1929のStudio NYKで国内では初となる新作を含む大規模な回顧展「Noriyuki Haraguchi:Society and Matter(原口典之 社会と物質)」を開催。
2020年8月27日、胃癌のため死去。74歳没。
(Wikipediaより)


untitled
untitled
原口典之
Noriyuki Haraguchi
97,240円
サイズ
32x23cm
技法
モノタイプ
エディション
ed-/1