トップページ > 額賀苑子

ぬかが そのこ

額賀苑子

Sonoko Nukaga

額賀苑子
1989 神奈川県生まれ
2013 東京藝術大学美術学部彫刻科卒業
2015 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修士課程卒業

2011 久米桂一朗賞 受賞
2013 安宅賞 受賞
   「New Artists 2013」Gallery Jin Projects(東京)
2014 「Art jam 2014」Gallery Jin Projects(東京)
   「ジ・アートフェア +プリュス - ウルトラ 2014」スパイラルガーデン(東京)
2015 アートアワードトーキョー丸の内 審査員:建畠晢賞 受賞
   杜賞 受賞
   「ジ・アートフェア +プリュス - ウルトラ 2015」スパイラルガーデン(東京)
   「人像 Part.1 Form〈形態〉須崎祐次×額賀苑子」エモン・フォトギャラリー(東京)
   「アートアワードトーキョー丸の内 2015」丸ビル 1 階マルキューブ(東京)
   「Duet series vol.3 額賀苑子・天明里奈二人展」Gallery Jin Projects(東京)
   「3331 アートフェア 2015 - Various Collectors' Prizes -」3331 Arts Chiyoda(東京)
2016 個展「not clear」/Gallery Jin Projects(東京)
   「3331 アートフェア 2016 」3331 Arts Chiyoda(東京)
2018 「九転十起生 - 広岡浅子像」大同生命保険株式会社 大阪本社ビル(大阪)
   「陶×藝×術」FEI ART MUSEUM YOKOHAMA(神奈川)
2019 「内包された温度」東京藝術大学大学美術館(東京)
   個展「紗のむこう」Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi(東京)
2020 TAGBOAD AWARD 特別審査員賞 小山登美夫賞 受賞

陶やテラコッタを主な素材として用い、実体と表層、意識と無意識、ペルソナとアニマなど相対する2つの価値観を行き来するような造形を目指し制作しています。
人として生きていく上で抱えざるを得ない矛盾やズレへと向かう表現を人体という古典的、かつ普遍的なモチーフを用いて探求しています。
空間や質量の中に歪みやズレを取り込みながら制作することで彫刻という実存感が強いメディアに曖昧さや割り切れなさを含ませようとしています。
鑑賞者が正面を探し、不安定に立ち上がる立体の周りを歩き回ることで、「存在する」ことと「見る」という行為の間に横たわる断絶について思索を巡らせるような表現を試みています。



unclear 01
unclear 01
額賀苑子
Sonoko Nukaga
139,700円
サイズ
39x37cm
技法
テラコッタ 金彩
エディション
オリジナル
not clear 01
not clear 01
額賀苑子
Sonoko Nukaga
588,500円
サイズ
76x60cm
技法
テラコッタ
エディション
オリジナル
not clear 02
not clear 02
額賀苑子
Sonoko Nukaga
566,500円
サイズ
36x97cm
技法
テラコッタ
エディション
オリジナル
unclear 02
unclear 02
額賀苑子
Sonoko Nukaga
サイズ
39x44cm
技法
テラコッタ 金彩
エディション
オリジナル
unclear 03
unclear 03
額賀苑子
Sonoko Nukaga
サイズ
48x31cm
技法
テラコッタ 金彩
エディション
オリジナル
サーフェイス 01
サーフェイス 01
額賀苑子
Sonoko Nukaga
サイズ
37x39cm
技法
エディション
オリジナル
イニシャルシリーズ AL
イニシャルシリーズ AL
額賀苑子
Sonoko Nukaga
サイズ
33x44cm
技法
テラコッタ
エディション
オリジナル
イニシャルシリーズ F
イニシャルシリーズ F
額賀苑子
Sonoko Nukaga
サイズ
47x34cm
技法
テラコッタ
エディション
オリジナル