トップページ > 宮間夕子 > 聖なる音に耳をすます

聖なる音に耳をすます

「聖なる音に耳をすます」宮間夕子, 40.9 x 27.3 cm, 油彩、テンペラ綿布、白亜地

神聖な音がどこからか聞こえてくる。
耳を澄ませて研ぎ澄ましている様を表現しました。
聖なる音に耳をすます

作家情報

描かれるこの者達は、目に見えない神秘の力を視覚化させた存在であり、それは人の言葉で言うのならば神や妖怪といった存在に置き換えられる。
人の内側に潜む意思や感情、生命エネルギー、狂気。
自然から生まれる脅威的な力、神秘、壮大な摂理。
それらの目に見えないもの達と対話をする。
自分自身の生きる地、環境、血と、根源的な感覚、潜在意識から来る本能を表現する行為は、アジアの信仰、思想文化と密接に関わり合い結ばれている。
アジアの思想から浮かび上がる普遍性を持った二元論や循環思想に着目し、それと切に向き合う。

Artist HP:http://yukomiyama.doumeki.com/

1987年 東京都生まれ
2010年 横浜美術短期大学 卒業
2012年 武蔵野美術大学 造形学部油絵学科卒業

作品名 聖なる音に耳をすます
Title untitled
作家名 宮間夕子
Artist Yuko Miyama
作品本体価格 51,000円
額装費 0円
消費税 5,100円
合計金額(税込) 56,100円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様

制作年
2020年
エディション
オリジナル 
サイン
あり 
技法
油彩、テンペラ綿布、白亜地 
作品本体サイズ(縦×横)
40.9x27.3cm
作品の状態
良好 
額仕様
なし 
額寸(縦×横)
xcm
お届け期間
約3週間 
特記事項
 
作品ID
60951 

< 戻る