トップページ > 姉咲たくみ > サヨナラと去りゆく都市

サヨナラと去りゆく都市

「サヨナラと去りゆく都市」姉咲たくみ, 80.3 x 116.7 cm, 木パネルに画用紙を水張り、ペン画、ホワイトアクリル

急激に気温が下がり、放射冷却で霧が立ち上がる機械仕掛けの都市。100年前に重力の実験が失敗したことにより、都市の大部分がめくり上がった。そして、複数の建物を巻き込み巨大な構造体を作った。今でも重力動力炉は動き続けている。都市の重力場は不安定となり、街からは少しずつ人が離れていった。ついに、最後の都市の住民である姉妹が出て行った。都市は去っていく2人を見守った。

作家情報

星船と星の光 長岡造形大学大学院造形研究科修士課程建築学領域を2013年に修了。
在学中から非主流建築(Fringe architecture)を専攻。その一方で独学で
ペン画を学び、2013年に超未来建築研究スタジオ ANOMaRY Studioを
設立。超未来建築の形態と物語についての制作と研究を行っている。
現在、新潟を拠点に東京、海外で活動している。


【個展】
2017年
反重力建築展 個展(アートコンプレックスセンター)

【企画展】
2015年
悪の建築展(サイト青山)

2016年
悪の建築展 第2章:咆哮(サイト青山)

2017年
悪の建築展 第3章:俯瞰(サイト青山)

2019年
悪の建築展:派章(Independent Tokyo2019)


【出展歴】
2011年
せんだいデザインリーグ

2012年
第三回建築コンクール

2013年
ジャパンサブカルチャー‐日本亜文化 (台湾)

2014年
SQUARE展 (ニューヨークSPACEWOMb Gallery)

2015年 
MOVE展 in 上海 (M50 莫干山路50号)  
第20回 日本の美術 全国作家選抜展 (上野の森美術館)
第20回 日本の美術受賞者展 (Royal Opera Arcade (ROA) Gallery ロンドン)
シェル美術賞2015(国立新美術館)

2016年
Flap! Asian Art Selection in Hongkong(香港)
第12回 世界絵画大賞展(東京都現代美術館)

2017年
三ヶ国合同展覧会『美の起源』(アーツ千代田3331)

2018年
京都精華大学 建築学科3年前期演習 ゲスト審査員

2019年
Rooms タグボート・グループ展(五反田TOC、東京)
上海アートフェア2019新鋭アーティスト展(上海)

【受賞歴】
2011年
関東甲信越建築学生連合Knot! 入賞

2012年
第三回建築コンクール 佳作

2015年 
第20回 日本の美術 全国作家選抜展 人気アーティスト賞受賞
第28回 日本の自然を描く展 上位入選
シェル美術賞2015 入選

2016年
第12回 世界絵画展 入選

HP
http://takumianezaki.wixsite.com/le-kuroe-archiart

作品名 サヨナラと去りゆく都市
Title Good-bye and the city of leaving
作家名 姉咲たくみ
Artist Takumi Anezaki
作品本体価格 600,000円
額装費 0円
消費税 60,000円
合計金額(税込) 660,000円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様

制作年
2018年
エディション
オリジナル 
サイン
あり 
技法
木パネルに画用紙を水張り、ペン画、ホワイトアクリル 
作品本体サイズ(縦×横)
80.3x116.7cm
作品の状態
良好 
額仕様
あり 
額寸(縦×横)
81.3x117.8cm
お届け期間
約3週間 
特記事項
※既存額でのお渡しとなります。 
作品ID
60242 

< 戻る