トップページ > 三塚新司 > DELIRIUM 20180825

DELIRIUM 20180825

「DELIRIUM 20180825」三塚新司, 25 x 25 cm, サーフボード制作技法

サーフボード制作技法によって作られた作品シリーズ。それを私は「DELIRIUM」と名付けています。「DELIRIUM」とは精神医学用語で「譫妄(せんもう)」状態にあること、幻覚や幻聴、妄想を持つ精神状態にあることを指します。これは現代の社会的問題や課題の多くを社会が自ら進んで作り上げてしまった事を指して、「現在の社会は譫妄状態にある」としてタイトルを付けています。
DELIRIUM 20180825

作家情報

DELIRIUM 20180216 1974年生まれ。高校卒業後、スキーパトロール、ライフガード、メッセンジャーなどの職を経て、1999年東京芸術大学先端芸術表現科に油絵科受験にて入学。
在学中より子供番組の放送作家として映像関係の仕事に関わる。
その後、雑誌編集者、テレビ局ディレクターを経て、2016年に千葉県鴨川市に工房を設け、サーフボード制作技法を応用した作品制作を始める。

2018年 公募展 池袋アートギャザリング IAG AWARDS 2018 準IAG賞
2018年 公募展 Independent Tokyo 2018 入賞 審査員特別賞
2018年 グループ展 KENZAN2018展
2018年 グループ展 上海 Shun Art Gallery
2019年 グループ展 伊勢丹新宿 アートのチカラ展
2019年 グループ展 銀座GALLERY ART POINT Dimension2019展
2019年 公募展 南青山スパイラル SICF20
2019年 公募展 Independent Tokyo 2019
2019年 グループ展 伊勢丹新宿 アートのチカラ選抜展
2019年 PARK HOTEL TOKYO 作品展示販売
2019年 グループ展 KENZAN2019展
2019年 公募展 UNKNOWN ASIA Art Exchange Osaka 2019

------------------------------------------------------------------

Statement
 DELIRIUM(デリリウム)=譫妄(せんもう)
幻覚妄想を伴った意識混濁の状態。

 私の作る作品はサーフボードの制作技法を元にした平面作品です。私はその作品シリーズをDELIRIUMと名付けています。

 現代のサーフボードは1960年代から70年代にかけてアメリカ西海岸を中心に開発されました。多くの技術革新が同時期に起こり、サーフボードはより軽く、扱い易く、スピードの出るものへと改良され、カラーリングの面ではサイケデリック・ロックのレコードジャケットや、カウンターカルチャーの精神性の影響を受けながら、サーファーの個性を彩ってきました。
 DELIRIUMはこのカラーリングの技法を抜き出し応用したものです。60年代のカウンターカルチャーは音楽やファッションの市場の中で、流通する商品を通じて社会批判の精神を広めてきました。それは西洋的価値観を最大限に反映させたアメリカ型社会システムに対する調整を求めた運動でした。その中で一部のグループは西洋思想を相対化する為の外からの視座を求め、東洋思想を発見しました。
 極端な切り分けをすれば「個々人が幸福の最大化を目指すべき。」とした西洋思想に対し、「社会全体の幸福が達成されなければ個人の幸福も真に達成されることはない。」としたものが東洋思想であると私は考えます。

 かつては、「世代を追うごとに社会はより良くなってゆく」という幻想、あるいは実感によって社会は統合されていた筈ですが、アメリカ型社会システムがグローバル化と名を変えて世界の全てを覆ってしまって以降、そのような統合はもはや失われたと感じています。
 私は、アメリカを象徴するマテリアルでもあるプラスチック樹脂によって、サイケデリックなイメージの中に東洋思想の線を描き出したいと考え、DELIRIUMを制作しています。

作品名 DELIRIUM 20180825
Title DELIRIUM 20180825
作家名 三塚新司
Artist Shinji Mitsuzuka
作品本体価格 63,636円
額装費 0円
消費税 6,364円
合計金額(税込) 70,000円

作品仕様

制作年
2018年
エディション
オリジナル 
サイン
あり 
技法
サーフボード制作技法 
作品本体サイズ(縦×横)
25x25cm
作品の状態
良好 
額仕様
なし 
額寸(縦×横)
xcm
お届け期間
約3週間 
特記事項
※厚み5cm、裏面に掛け用留め具あり 
作品ID
58035 

< 戻る