トップページ > 北村バンビ > xxxXxXxxx

xxxXxXxxx

作品情報 Work Information

かつてプロレスがゴールデンタイムにオンエアされていた時代があった。まだ子どもだった私は、毎週プロレス中継の時間になるとテレビにかじりつき、様々なレスラーの競演と胡散臭い攻防に見入ったものだ。北村バンビの作品を観ていると、思わずそんな昔のことを思い出してしまう。彼の平面や立体のモチーフとなっているのはブルーザ・ブロディ、キングコング・バンディ、ザ・ロード・ウォリアーズなど、いずれも主に80年代に活躍したレジェンド的なレスラーで、表情とトルソにこだわった精巧なキャラクター描写からはいかがわしい雰囲気がプンプンと臭ってくる。エル・ソリタリオのマスクをかたどった作品にいたっては、かつて少年誌の裏面によく広告が載っていた通販のフィギュアそっくりではないか。蛇足ながら、個人的には旧全日プロ寄りのセレクトも嬉しかったりする。
もちろん、北村の年齢からしてこれらのレスラーをリアルタイムで知っているはずはないだろう。力道山時代には国民的娯楽だったプロレスもその後は人気の退行が著しく、総合格闘技の台頭やミスター高橋の暴露本という強烈な逆風に見舞われた今は、深夜に細々と放映されているだけだ。だがマイナーカルチャーに転落した今だから、往時を知らない北村の眼に、かつてのプロレスは刺激に満ちたテーマとして映っているのではないか。アートもプロレスも「見世物」であることに変わりはなく、とすればプロレスの台本(ブック)や仕掛け(アングル)には参照すべき点も少なくないはずだ。プロレスという古い素材に着目した北村の“反時代的”な視点は、実は極めて先駆的なものかもしれないのである。

文:暮沢剛巳(美術評論家)


*ギャラリーからのコメント
触るもの全てを黄金に変えたミダス王の様に、北村は触れた全ての物を4次元物質に変化させる特異体質な作家だ。
誰に気づかれるまま密かに産み落とされ続けていた次元を超えた作品達は、カウンタックの特殊レーダーによって発見され、採取された。
カウンタックのリーサルウエポン、タグボートにいきなり登場
#script tag escaped#flgDispRecommend=false;#script tag escaped#

作家情報 Artist Information

1976年:横浜市生まれ
2000年:東京芸術大学美術学部彫刻科卒業

主な展覧会
2008年:Art at Agnes Gallery Countach Booth(THE AGNES HOTEL)
2008年:「undeadman」Gallery Countach

作品名 xxxXxXxxx
Title xxxXxXxxx
作家名 北村バンビ
Artist Banbi Kitamura
作品本体価格 200,000円
額装費 5,000円
消費税 20,500円
合計金額(税込) 225,500円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様 Work Spec

制作年
2005年
エディション
オリジナル  証明書付 
サイン
なし 
技法
蜜蝋、顔料 
作品本体サイズ(縦×横)
60x90cm
作品の状態
良好 
額仕様
なし そのまま飾っていただけます。 
額寸(縦×横)
60x90cm
お届け期間
約2週間 
特記事項
額装費の5000円は保存箱代と黄袋代となっております。 
作品ID
5750 

< 戻る