トップページ > 伊藤咲穂 > In Praise of Shadows I

In Praise of Shadows I

作品情報 Work Information

谷崎潤一郎の著書「陰翳礼讃」からインスピレーションを得て、作家が当時アトリエとして使用していた阿佐ヶ谷の築100年の一軒家に住んだ際の窓辺の記憶に由来した作品。また、作家自身が過去に建築学科に所属しており日本家屋の窓辺や格子に非常に感化された体験から、平面的な現代の建築様式に絵画としてノスタルジックに窓辺を取り入れられないかを試みたもの。

自身の制作過程で、草木染めの柿渋と鉄媒染からヒントを得て(柿渋の赤茶から、墨色へと変化する化学反応)、柿渋で描いた絵画を錆びさせることによってタンニンと鉄を反応させ、赤錆色と黒色による、地と図で絵を描いていくという新しい技法が生まれる。(柿渋とは平安時代から使われていたとされる天然塗料で、木、紙、布などに塗ると不溶性の強い被膜により、防水、防腐、防虫効果効果がある。)

作家情報 Artist Information

Dead flowers Jakuchu
Japanese paper artist (Sabi washi錆和紙)

1989 島根県浜田市 誕生
2012 作家活動
2014 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 テキスタイル専攻 卒業
現在 東京都、島根県を拠点とし、作家活動

人間とマテリアルについて考えるとき、日本人は古来から神、そして紙、と共に生活をしてきました。中国より4~5世紀ごろに伝えられた紙漉きの技術は、主に〔札、人型、写経〕などに用いられ、神聖な素材として大切にされましたが、今や生活必需品としてではなく、工芸品としての価値が高まり、紙漉きは文化として、ユネスコの世界無形文化遺産として登録されています。

日本ではしばしば、「和紙」は古典的な素材として印象強くありますが、実は素材として常に単一的で、変容性を持った素材なのです。物体としての作品を作るとき、マテリアルとの関わりは、必ず強い連帯関係を生みだします。それは、和紙のもつ古い歴史と日本文化が、現代に生きる自身の記憶と社会の変動を、交互に行き交うからに他なりません。和紙を古く新たな素材として捉え、表現しています。

作品名 In Praise of Shadows I
Title In Praise of Shadows I
作家名 伊藤咲穂
Artist Sakuho Ito
作品本体価格 42,000円
額装費 1,080円
消費税 4,308円
合計金額(税込) 47,388円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様 Work Spec

制作年
2016年
エディション
オリジナル 
サイン
あり 
技法
素材:和紙、柿渋、膠/技法:柿渋と錆の化学反応 
作品本体サイズ(縦×横)
41x41cm
作品の状態
良好 
額仕様
なし 
額寸(縦×横)
xcm
お届け期間
約3週間 
特記事項
※額装費は合わせ箱代となります。 
作品ID
57307 

< 戻る