トップページ > 伊藤咲穂 > TOKINOKAMI

TOKINOKAMI

「TOKINOKAMI」伊藤咲穂, 40 x 20 cm, 素材:楮、鉄、銅、膠、和紙、澱粉糊等、柿渋、虎目石/技法:平安時代から続いていると言われる伝統芸能の石見神楽(主に神社仏閣で奉納の舞として神様に捧げる、または地域の行事として行われる)という神社等の祭事で使用される神楽面(和紙のお面)の制作技法からヒントを得て、自身の錆和紙と組み合わせることによって生まれた立体作品。中は空洞。

私は、幼少のときから、何かよくわからないものと話していたように思う。それが頭の不具合によって引き起こされていたのか、寂しさや不安を紛らわすためにあったのか分からないけれど、そのことが今でも、自分自身の内側の静けさを保つ大きな力となっていると思う。人の気が集まる場や、自然の中に息を潜めて生きている何か美しい存在がいる。目には見えないところで、世界を形づくり、バランスをとる存在が。
私は、その者たちを頑なに信じている。

作家情報

Dead flowers Jakuchu
Japanese paper artist (Sabi washi錆和紙)

1989 島根県浜田市 誕生
2012 作家活動
2014 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 テキスタイル専攻 卒業
現在 東京都、島根県を拠点とし、作家活動

人間とマテリアルについて考えるとき、日本人は古来から神、そして紙、と共に生活をしてきました。中国より4~5世紀ごろに伝えられた紙漉きの技術は、主に〔札、人型、写経〕などに用いられ、神聖な素材として大切にされましたが、今や生活必需品としてではなく、工芸品としての価値が高まり、紙漉きは文化として、ユネスコの世界無形文化遺産として登録されています。

日本ではしばしば、「和紙」は古典的な素材として印象強くありますが、実は素材として常に単一的で、変容性を持った素材なのです。物体としての作品を作るとき、マテリアルとの関わりは、必ず強い連帯関係を生みだします。それは、和紙のもつ古い歴史と日本文化が、現代に生きる自身の記憶と社会の変動を、交互に行き交うからに他なりません。和紙を古く新たな素材として捉え、表現しています。

作品名 TOKINOKAMI
Title TOKINOKAMI
作家名 伊藤咲穂
Artist Sakuho Ito
作品本体価格 350,000円
額装費 840円
消費税 35,084円
合計金額(税込) 385,924円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様

制作年
2018年
エディション
オリジナル 
サイン
あり 
技法
素材:楮、鉄、銅、膠、和紙、澱粉糊等、柿渋、虎目石/技法:平安時代から続いていると言われる伝統芸能の石見神楽(主に神社仏閣で奉納の舞として神様に捧げる、または地域の行事として行われる)という神社等の祭事で使用される神楽面(和紙のお面)の制作技法からヒントを得て、自身の錆和紙と組み合わせることによって生まれた立体作品。中は空洞。 
作品本体サイズ(縦×横)
40x20cm
作品の状態
良好 
額仕様
なし 
額寸(縦×横)
40x40cm
お届け期間
約3週間 
特記事項
※額装費は合わせ箱代となります。台座付きのアクリルケースに入れてのお渡しとなります。台座ケース寸法:40x40x40cm 
作品ID
57208 

< 戻る