トップページ > 杉本博司 > せんぷうき

せんぷうき

作品情報 Work Information

「杉本博司 アートの起源」展限定 オリジナル団扇
銘:せんぷうき
丸亀市の伝統産業である団扇を、杉本博司がデザインいたしました。様々な漢字で綴られた「せんぷう」は、杉本が自ら一枚一枚墨書したものですべてがユニーク作品となっています。とって付けたような取手の「き」は丸亀付近で採取した自然木を使用しています。
団扇製作:中田元司(丸亀竹うちわ職人)
せんぷうき

作家情報 Artist Information

東京都台東区旧・御徒町出身の写真家。
東京及びニューヨークを活動の拠点としている。作品は厳密なコンセプトと哲学に基づき作られている。8×10の大判カメラを使い、照明や構図や現像なども完璧な仕上がりは技術的にも評価されている。
1976年に『ジオラマ』シリーズを制作して以降、『海景』『劇場』『ポートレート』『蝋人形/恐怖の館』『陰翳礼讃』『建築』など、今日まで制作が続くシリーズを発表し続けており、一貫して個人の存在を超えた時間の積み重なりや流れをとらえるためのコンセプトや方法を模索している。

作品名 せんぷうき
Title senpuki
作家名 杉本博司
Artist Hiroshi Sugimoto
作品本体価格 130,000円
額装費 0円
消費税 10,400円
合計金額(税込) 140,400円

作品仕様 Work Spec

制作年
2011年
エディション
オリジナル 
サイン
なし 
技法
竹、和紙、自然木、墨 
作品本体サイズ(縦×横)
47x29cm
作品の状態
良好 
額仕様
なし 
額寸(縦×横)
xcm
お届け期間
約3週間 
特記事項
 
作品ID
53882 

< 戻る