トップページ > 南花奈 > 囚われの蜻蛉

囚われの蜻蛉

「囚われの蜻蛉」南花奈, 36.4 x 51.5 cm, 紙、インク

”密度” をキーワードにドローイング作品を制作しています。

モチーフは花や虫、動物達、時には少女であったり様々です。
その時に描きたいと思ったものを直観で選びますが、可愛らしいもの、綺麗なもの、小さなもの、姿形が面白いものが好きです。

しかし実際に道端や森の中、動物園で見かける彼らは身体の一部がちぎれていたり、虚ろな目をしていたり、時には死にかけていたりと、あまり楽しそうに見えないことが多いです。
そんな時、自分の持っていたイメージとのズレに驚きますが、それと同時に生きる意味って何だろう、と答えのない不安や焦燥感に苛まれます。

日々生活する中で生まれては消えていくそんな気持ちを抱えながら、生きている彼らの姿や痕跡を愛おしく描きたいです。

作家情報

1990年 東京都生まれ
2012年 多摩美術大学絵画学科油画専攻 卒業

展覧会歴

〈個展〉

2019年
I’m into you/MASATAKA CONTEMPORARY(東京)

2017年
KANA MINAMI SOLO EXHIBITION/Bernarducci Meisel Gallery(ニューヨーク)

〈グループ展〉

2018年
ARTforGIFT/Sansiao Gallery(東京)
TRUSTMARK/Sansiao Gallery Hong Kong(香港)
HOMMAGE/Sansiao Gallery Hong Kong(香港)
Permanent Exhibition/Sansiao Gallery(東京)

2017年
handpicked artists/MASATAKA CONTEMPORARY(東京)
おんなのこ博覧会/薔薇画廊(東京)
MEMENTO/Sansiao Gallery Hong Kong(香港)

2016年
服部桜子・南花奈2人展 彩/蜜/MASATAKA CONTEMPORARY(東京)
Collaboration Project/RISE GALLERY(東京)
11th TAGBOAT AWARD/IID世田谷ものづくり学校(東京)
美術新人賞デビュー入選作品展/ギャラリー和田(東京)
8 Japanese Women Artists/Bernarducci Meisel Gallery(ニューヨーク)

2015年
シブヤスタイル vol.9/西武渋谷店 美術画廊(東京)
100号展/MASATAKA CONTEMPORARY(東京)
新、アーティスト展 vol.2/ MASATAKA CONTEMPORARY(東京)
10th TAGBOAT AWARD/IID世田谷ものづくり学校(東京)
ACTアート大賞展2015/The Artcomplex Center of Tokyo(東京)

〈アートフェア〉

2019年
SEATTLE ART FAIR 2019
ART in PARK HOTEL TOKYO 2019

2018年
ART OSAKA 2018
Affordable Art Fair Hong Kong 2018
ART in PARK HOTEL TOKYO 2018

2017年
spiral take art collection 2017「蒐集衆商」
ART OSAKA 2017

2016年
the art fair +plus-ultra 2016

作品名 囚われの蜻蛉
Title captive dragonfly
作家名 南花奈
Artist Kana Minami
作品本体価格 100,000円
額装費 14,000円
消費税 11,400円
合計金額(税込) 125,400円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様

制作年
2016年
エディション
オリジナル 
サイン
あり 
技法
紙、インク 
作品本体サイズ(縦×横)
36.4x51.5cm
作品の状態
良好 
額仕様
あり 
額寸(縦×横)
41.7x56.7cm
お届け期間
約3週間 
特記事項
※既存額でのお渡しになります。 
作品ID
53345 

< 戻る