トップページ > エゴン・ジッペル > ミラノ「大聖堂」

ミラノ「大聖堂」

作品情報 Work Information

作家情報 Artist Information

ベルリン「ブランデンブルグ門」
ニューヨークを拠点に活動するドイツ人のアーティスト。
作品には絵画、ドローイング、コンセプチュアル・アート、インスタレーション、彫刻、プロジェクター展示がある。

フランクフルト、ハイデルバーグ、マンハイム、ハンブルグ、デュッセルドルフ、ケルン、ベルリン、ローマ、ミラノ、ニューヨークで個展を開催、ニューヨークの伝説のナイト・クラブ、ライムライトやトンネルでも作品を発表した。 グループ展には、「アート・スカウト・ワン」(2009マンハイム)や「光の波」(2006 ハドソン、ニューヨーク)に参加した。
また、キュレーターの佐藤恭子が共同企画したブルックリンで開催したグループ展にも参加している。
2016年の今年発刊したばかりの「101現代アーティスト」(アートヴォイス・アートブックス)にはアーティストの一人として選ばれている。

1960年ドイツ人の両親のもとルーマニアで生まれる。1964年にチャウセスク政権が主導を握るとドイツに移住した。マンハイム大学でグラフィック・デザインを学ぶ(1981-84, 86-88)。 84年にフルブライト奨学金を受けて渡米、テキサス大学に通う(1984-85)。その間、大学の公式雑誌「アトモースト」のアート・ディレクターを務める。85年からの2年間はニューヨークに移り、グラフィッック・デザイナーとして働きながらニューヨーク工科大学でコンピューター・グラフィックスを習得する。その後ドイツに戻り、シュテーデル美術大学でニュー・メディアを学んだ(1993-94)。94年から2年間をイタリアで過ごした後、96年からニューヨーク在住。97年から2年間、写真家ナン・ゴールディンのアシスタントを務めた。現在はニューヨークとベルリンにスタジオを持つ。

エゴンは2011年から現在まで制作を続けている「デヴァンダライジング」(反公共物破壊)シリーズの新作を当ギャラリーのために用意してくれた。絵画、コンセプチュアル・アート、コラージュを同時に楽しめる作品だ。ニューヨーク、デトロイト、ラス・ベガス、ケベック、モントリオール、ハバナ、ベルリン、パレルモ、カターニャ、ナポリ、ローマ、フィレンツエ、ミラノなど各都市を実際にエゴンが訪れ、街に貼ってあるステッカーを収集し、作品に使用している。このシリーズは全てそれぞれの都市に貼られていたオリジナル(本物)を使っているという点が重要であり、作品を類ないものにしている。

作品名 ミラノ「大聖堂」
Title MILAN IL DUOMO THE CATHEDRAL
作家名 エゴン・ジッペル
Artist EGON ZIPPEL
作品本体価格 333,500円
額装費 0円
消費税 26,680円
合計金額(税込) 360,180円

作品仕様 Work Spec

制作年
2016年
エディション
オリジナル 
サイン
あり 
技法
ミラノの街中に貼ってあったステッカー、布テープ、キャンバス 
作品本体サイズ(縦×横)
61x61cm
作品の状態
良好 
額仕様
なし 
額寸(縦×横)
xcm
お届け期間
約4週間 
特記事項
 
作品ID
49459 

< 戻る