トップページ > 靉嘔 > きわめて通俗的な物語・版画のためのイヴェント・虹のグラス・それから靉嘔氏は虹によって酔っぱらった、其の7

きわめて通俗的な物語・版画のためのイヴェント・虹のグラス・それから靉嘔氏は虹によって酔っぱらった、其の7

作品情報 Work Information

アイオーと言えば、風景や静物、あるいは泰西名画などをレインボーで塗り分けた作品で知られていますが、60年代には国際的なアヴァンギャルド・グループ、フルクサスの中核メンバーとして、ナム・ジュン・パイクやジョージ・マチューナス等と共に前衛的な活動を続けていました。
出品の作品は、虹の美しさとフルクサスの前衛性が融合した、ユニークなシルクスクリーン版画です。
1973年に制作された『きわめて通俗的な物語・版画のためのイヴェント・虹のグラス・それから靉嘔氏は虹によって酔っぱらった』シリーズの1枚で、虹色に彩色されたワイングラスと作家自らの身体を、当時開発されたばかりのカラー・コピー機を使ってイメージ化し、それをシルクスクリーン版画にしたものです。アイ・オーが、制作中に本当に酔っぱらってしまったかは判りませんが、ハレーションがかかったようなイメージは、ハプニング・アートの誕生に大きく寄与した、フルクサスの息吹を感じさせる作品です。

作家情報 Artist Information

1931年 茨城県に生まれる
1954年 東京教育大学芸術学科卒業
1962年 フルクサスグループ参加
1967年 ケンタッキー大学にて教鞭を執る
1974年 ルイジアナ美術館(デンマーク)日本展参加
1976年 ニューヨーク近代美術館にて38点を展示
1980年 リストール・インターナショナル・ビエンナーレ受賞(アイルランド)
    クラコー・インターナショナル・ビエンナーレ受賞(ポーランド)
1987年 「25m 虹のイヴェント」(永平寺、福井)「300m レインボー・エッフェルタワー・プロジェクト」(エッフェル塔、パリ)
2006年 「虹のかなたに 靉嘔AY-O回顧 1950-2006」(福井県立美術館、宮崎県立美術館)
2010年 「靉嘔 1950s-2010」(茨城県つくば美術館)
2012-13年 「靉嘔 ふたたび虹のかなたに(回顧展)」(東京都現代美術館、新潟市美術館、広島市現代美術館)

作品名 きわめて通俗的な物語・版画のためのイヴェント・虹のグラス・それから靉嘔氏は虹によって酔っぱらった、其の7
Title Very Popular Story. Event for Prints. Rainbow glass. Then, Mr. Ay-o got drunk by the Rainbow. 7
作家名 靉嘔
Artist Ay-O
作品本体価格 30,000円
額装費 8,400円
消費税 3,840円
合計金額(税込) 42,240円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様 Work Spec

制作年
1973年
エディション
ed-/75 
サイン
あり 
技法
シルクスクリーン 
作品本体サイズ(縦×横)
41x30.7cm
作品の状態
40年以上の作品ですので、用紙に僅かな経年劣化がみられますが、折れ、破れ、シミなどはない美品です。 
額仕様
木地・マット 
額寸(縦×横)
59x48.7cm
お届け期間
約3週間 
特記事項
イメージサイズ:28X21.5cm。
ナンバー入り。 
作品ID
48250 

< 戻る