トップページ > 吉澤美香 > か-1(スズメガの幼虫)

か-1(スズメガの幼虫)

作品情報 Work Information

制作・協力:岡部版画工房

2007年春から、岡部版画工房(1964年に設立され横尾忠則、草間弥生、ナム・ジュンパイクら現代作家のオリジナル版画を多々制作してきた歴史ある版画工房)で制作した新作版画シリーズです。版画工房でこそ実現する限りない色彩のヴァリエーションと足柄の自然との交歓の中、自然から着想を得たモチーフを軽やかな線描におきかえて、吉澤は微妙で豊かな色彩のバリエーションで新境地を築きました。 タイトルは、虫好き、植物好きの作家が、虫や植物の名前にちなんでつけたもの。ちなみに、サブタイトルである“やどろぎ”とは、工房の所在地、神奈川県足柄郡松田町寄、通称・ヤドロギからきています。
本作は背景に”スズメガの幼虫”を描いたもの。色彩がユニークな一作。#script tag escaped#flgDispRecommend=false;#script tag escaped#

作家情報 Artist Information

1959東京に生まれる
1984多摩美術大学大学院美術研究科終了
近年の主な個展
1995スカイドア・アートプレイス青山(東京)
西武アート・フォーラム(東京)
1996ギャラリー小柳(東京)、99年も開催
1997「吉澤美香の部屋」いわき市立美術館(いわき)
2000「吉澤美香ー余白への眼差しー」セゾンアートプログラム・ギャラリー(東京)
2003双ギャラリー(92年より定期的に個展)
2007「絵画の発見 吉澤美香1990-2007」ギャラリー・アートアンリミテッド(東京)
近年の主なグループ展
1995「Condition of Life─1981─1994(Part3)」
ギャラリー・ホワイトアート(東京)
「Art in Japan Today─日本の現代美術1985─1995」東京都現代美術館(東京)
「SOH 10周年展─連鎖─Six Artists “定在と境位”(Part3)」
双ギャラリー(東京)
1996「日本の現代美術50人展」ナビオ美術館(大阪)
「アートシーン90─96/水戸芸術館が目撃した現代美術─見ることは信じること」
水戸芸術館(水戸)
1997「現代美術/1970年代/日本」千葉市美術館(千葉)
<Contemporary Art Fair>西武アート・フォーラム(東京)
1999「日仏国境無き芸術」Bunkamuraギャラリー
2000<Modernite Japonaise>フランス造幣局
2001「赤と青、どっちが好き?どっちも好き!」千葉県立美術館
2003<ART TODAY 2003>(菅野由美子、吉澤美香) セゾン現代美術館(軽井沢)
2007<Rough and Refined>レオ・カステリギャラリー(NY)
著書
2001吉澤美香「圏外遊歩」岩波書店

作品名 か-1(スズメガの幼虫)
Title Ka-1
作家名 吉澤美香
Artist Mika Yoshizawa
作品本体価格 25,000円
額装費 8,000円
消費税 3,300円
合計金額(税込) 36,300円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様 Work Spec

制作年
2007年
エディション
ED -/70 
サイン
あり 
技法
シルクスクリーン、紙 
作品本体サイズ(縦×横)
35.1x40.2cm
作品の状態
良好 
額仕様
マット装、額白木 
額寸(縦×横)
45x48cm
お届け期間
約3週間 
特記事項
 
作品ID
4241 

< 戻る