トップページ > 舟越桂 > Small Study II

Small Study II

作品情報 Work Information

作家情報 Artist Information

1951年盛岡市生まれ。クスノキによる独特の人物像で知られる。
現在の日本を代表する彫刻家で、1988年のべネチア・ビエンナーレ(イタリア、ミラノ)、1992年ドクメンタⅨ(ドイツ、カッセル)など国際的な展覧会にも数多く出品、また個展は東京・西村画廊のほか、ロンドンのアネリー・ジュダ・ファイン・アート、ニューヨークのアンドレ・エメリック・ギャラリーといった老舗画廊でも行われている。
「長崎二十六聖人像」などで知られる彫刻家の舟越保武を父に持つ彼は、東京造形大学彫刻科を卒業後、東京芸術大学大学院を修了。在院中から作品を発表してきた。
クスノキをノミで削りだしてつくり、また仕上げとして最後に大理石の目を入れる独特のつくりでこれまで一貫している。その彫刻は永遠を見つめるかのような澄んだ眼差しと、誰もが共鳴するような追憶や郷愁感が漂い、観る者に語りかける。
自身の作品集『森へ行く日』、『水のゆくえ』の他、天童荒太のベストセラー小説『永遠の仔』の表紙や大江健三郎『二百年の子供』の挿絵なども知られている。
彫刻、デッサンのかたわら、1987年より積極的に版画にも取り組み、リトグラフ、エッチング、ドライポイント、アクアチント、木版など、毎回新しい技法へのチャレンジを見せる。彫刻がメインだが、デッサンや版画で見せるその絵画性にも高い評価をされている。
2003-04年にかけては、これまでの作品を一望できる回顧展「舟越桂 1980-2003 」(東京都現代美術館、栃木県立美術館、北海道立旭川美術館、高松市美術館、岩手県立美術館、広島市現代美術館)も開催された。各地の美術館にその彫刻が収蔵されている他、すみだトリフォニーホールに常設されている『水のソナタ』などがある。

作品名 Small Study II
Title Small Study II
作家名 舟越桂
Artist Katsura Funakoshi
作品本体価格 187,500円
額装費 0円
消費税 18,750円
合計金額(税込) 206,250円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様 Work Spec

制作年
1990年
エディション
ED -/25 
サイン
あり 
技法
銅版 
作品本体サイズ(縦×横)
10x7.5cm
作品の状態
極小シミ 
額仕様
白、マット 
額寸(縦×横)
35.5x40cm
お届け期間
約2~3週間 
特記事項
既存の額でのお渡しとなります。
作品サイズはイメージサイズとなります。 
作品ID
41830 

< 戻る