トップページ > ろくでなし子 > jailed Manko 運動の部屋

jailed Manko 運動の部屋

作品情報 Work Information

"留置場の風呂上がりに連れていかれる天井が吹き抜けの部屋。
青空が見えるので、一応外の空気吸わせてやるよ、ということらしい。
かつてはそこで本当に運動もし、タバコも吸えたらしく、その名残で「運動」と呼ばれている。
いま「運動」の時間にできるのは、爪切りと髪の毛をクシでとかすことと、全然剃れないシェーバーで顔毛剃り"

作家情報 Artist Information

まんコラム二スト。
日本性器のアート協会会員。自らの女性器(まんこ)を型どりデコレーションした立体作品「デコまん」造形作家。
単行本『デコまん~アソコ整形漫画家が奇妙なアートを作った理由』ぶんか社刊。
2012年6月米国シアトルのエロティック・アートフェスティバルに作品正式出品。
2012年9月銀座ヴァニラマニアにてデコまん展開催。
2012年12月週刊アサヒ芸能の流行語大賞に「デコまん」ノミネート。
2013年4月銀座ヴァニラ画廊のヴァニラ画廊大賞展にて女性器照明「シャンデビラ」展示。
2013年6月イギリスHuffingtonPost誌に活動が取り上げられる。
2013年9月まんこの3Dスキャンデータを使った世界初のマンボートを制作。(その制作費用はクラウドファンドを利用し
最終的に100マン円のボッ金が集まった)
2013年10月たまん川(多摩川)にて世界初の3Dマンボート試乗。
2013年11月オランダのメトロポリスTVに活動が取り上げられる。
2014年3月広島ホームテレビ「アグレッシブですけど、何か?」に出演。まんこがモザイク無しで公共の電波に流れる快挙を果たす。
2014年5月 新宿眼科画廊にて初の個展となる「まんことあそぼう!よいこの科学まん個展」開催。2ちゃんねるにもまとめができ、2週間の会期中は大盛況。まんこちゃんソフビなどのグッズが飛ぶように売れる。

公式ホームページ http://6d745.com/
Twitter : @6d745

単行本「デコまん~アソコ整形漫画家が奇妙なアートを作った理由~」(ぶんか社)
作品アルバム

デコまんとは: 女性器を石膏に型どり、デコ電のようにデコレーションしたデコまん、ジオラマを載せたジオラまん、リモコンで動くリモまん、センサーに反応すると水が飛び出す噴水まんなどなど、女性器の概念をくつがえす、誰も見たことがないアホアート。

作品名 jailed Manko 運動の部屋
Title
作家名 ろくでなし子
Artist rokudenasiko
作品本体価格 23,000円
額装費 6,500円
消費税 2,360円
合計金額(税込) 31,860円

作品仕様 Work Spec

制作年
2014年
エディション
オリジナル 
サイン
あり 
技法
ボールペン 色鉛筆 紙 
作品本体サイズ(縦×横)
21x29.7cm
作品の状態
良好 
額仕様
木地、マット 
額寸(縦×横)
37x46cm
お届け期間
2~3週間 
特記事項
 
作品ID
40566 

< 戻る