トップページ > 村上隆 > Mushroom Bomb Pink

Mushroom Bomb Pink

作品情報 Work Information

村上隆キュレーションによる『リトルボーイ:爆発する日本のサブカルチャー・アート』展がNYのジャパン・ソサエティー・ギャラリーで2005年4月8日から7月24日まで行われ、新聞各紙で大絶賛されました。“リトル・ボーイ”とは広島に落とされた原爆の名前ですが、「原爆の投下と、その後のアメリカの政治介入に対する依存が、日本のオタク・カルチャーを産む原因になったのではないか?」という村上の仮説に基づいてこの展覧会タイトルとなりました。実は、1993年に村上はすでに原爆雲をテーマにした作品を発表していますが、それがこのTVアニメ『タイムボカン』のドクロの形をしたキノコ雲の絵でした。以来、このイメージの作品は『リトルボーイ』展はもちろん、2000年に水戸芸術館で行われた『日本ゼロ年』展や、2001年にNYのマリアン・ボエスキー・ギャラリーで行われた個展でも展示されたものです。

作家情報 Artist Information

1962年、東京生まれ。東京藝術大学で日本画科を専攻。
93年論文「意味の無意味の意味」で博士号取得。
94年ロックフェラー財団のACCグラントによりP.S.1 ART PROJECTの招待を受け、ニューヨークに滞在。
90年代後半以降、ポップとオタクを合わせた「PO+KU ART」のコンセプトを元にアニメやフィギュアなど
オタク文化に近接したアート作品を発表し始める。
また2000年頃からは「SUPERFLAT」というコンセプトを提唱、自身の作品制作以外に同名の展覧会を企画し、
ウォーカーアートセンター(U.S.A.、ミネアポリス)他、海外の美術館を巡回した。
ISSEY MIYAKEやルイ・ヴィトンとのコラボレーションなどジャンルを超えた活動も目立つ。
2003年には六本木ヒルズのイメージキャラクターの制作も手がけた。
2008年には、オークション大手のサザビーズにて、代表作の一つ「マイ・ロンサム・カウボーイ」が16億円という高値で落札されて話題に。
自ら運営するギャラリーKaikai KiKiを始めとして、ガゴシアンギャラリー、エマニュエル・ぺロタンなどが取り扱いギャラリー。最近では、ベルサイユ宮殿での個展や、五百羅漢を始めとするカタールでの展示が話題になっている。

作品名 Mushroom Bomb Pink
Title Mushroom Bomb Pink
作家名 村上隆
Artist Takashi Murakami
作品本体価格 140,000円
額装費 10,600円
消費税 15,060円
合計金額(税込) 165,660円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様 Work Spec

制作年
2001年
エディション
ED -/300 
サイン
あり 
技法
オフセットリトグラフ 
作品本体サイズ(縦×横)
50x50cm
作品の状態
良好 
額仕様
白木・マット 
額寸(縦×横)
63.5x63.5cm
お届け期間
約3週間 
特記事項
 
作品ID
38092 

< 戻る