トップページ > 蜷川実花 > 永遠の花-81 (24.2×36.4cm)

永遠の花-81 (24.2×36.4cm)

作品情報 Work Information

2006年に発表された蜷川実花の最新シリーズ「永遠の花」の中からの一枚です。これまでも花の写真を数多く発表してきた蜷川実花ですが、今回はこれまでとまた違った風合いで、本物の花ではなくフェイク、すなわち造花がモチーフとなっています。メキシコやグアムなど、献花として使われるそうです。輝くような原色が美しい、トロピカルなタッチの花につくりものの蝶がブローチのようにとまって、とてもかわいらしい一枚。永遠ではない生だからこそ、慈しみたい美しさがある。造花とは思えないみずみずしさを感じる中にも、そんなメッセージを感じさせます。かけがえのない人への感謝を込めて、こんな写真を贈ってみるのもいいのでは。#script tag escaped#flgDispRecommend=false;#script tag escaped#

作家情報 Artist Information

東京都生まれ。
1997年多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン科卒業。
現在も東京を拠点に制作活動を行う。
第7回写真ひとつぼ展グランプリ(96年)、第13回キヤノン写真新世紀優秀賞(96年)、第9回コニカ写真奨励賞(98年)、第26回木村伊兵衛写真賞(01年)、など数々の賞を受賞。
雑誌・広告業界でのキャリアをはじめ、ヴァリエーション豊かな作品集を刊行、また映画『さくらん』(07年)では監督を務めるなど、今最も活躍する写真家の一人。
2010年、Rizzoli N.Y. から写真集「MIKA NINAGAWA」を出版、世界各国で話題となっている。
2月24日より4月8日まで沖縄の浦添市美術館にて「蜷川実花展」を開催。二作目の監督映画『ヘルタースケルター』が7月14日(土)に全国ロードショー(原作:岡崎京子/主演:沢尻エリカ)。
小山登美夫ギャラリーでの展覧会は、2011年の京都での森山大道さんとの二人展以来、5回目。

作品名 永遠の花-81 (24.2×36.4cm)
Title Everlasting Flowers
作家名 蜷川実花
Artist Mika Ninagawa
作品本体価格 130,000円
額装費 0円
消費税 13,000円
合計金額(税込) 143,000円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様 Work Spec

制作年
2006年
エディション
ED-/10 
サイン
あり 
技法
Cプリント/プレキシグラス 
作品本体サイズ(縦×横)
24.2x36.4cm
作品の状態
良好 
額仕様
フォトアクリルマウント 
額寸(縦×横)
24.2x36.4cm
お届け期間
約5週間 
特記事項
 
作品ID
3527 

< 戻る