トップページ > ジム・ダイン > エルサレムの植物#8

エルサレムの植物#8

作品情報 Work Information

20代の頃、オルデンバーグらとともにハプニング(現在のパフォーマンス)を行なって注目され、ポップ・アートの代表的作家の一人として位置づけられているジム・ダインだが、彼のドローイングの力量は、おそらくナンバーワンだろう。ロンドン、ベルリンとヨーロッパでの生活を経験し、古典絵画に親しんだからかもしれない。このリトグラフのもとになったドローイングは1980年にエルサレムに滞在していたときに作られた。1982年にこの主題による最初のリトグラフ(No.1)が制作され、同年木版画(No.2、No.3)も手がけている。何気ない植木鉢の植物をこれほどダイナミックに表現しえた画家がかつて存在しただろうか。縦1メートル近いサイズは、改めて絵画の持つ力を示して圧巻である。以前は100万円前後していたはずだが、リーズナブルな価格となっている。(執筆:広本伸幸)

ULAE(Universal Limited Art Editions※)制作。
※1957年にタチアナ・グロスマンによってニューヨーク州ロングアイランド、ウェスト・アイスリップに設立された、アメリカ現代版画を代表する工房の一つ。

作家情報 Artist Information

1935年6月16日、オハイオ州シンシナティ生まれ

学生結婚をしてオハイオ大学卒業後、ニューヨークへ出たダインは、オルデンバーグ、アラン・カプローと一緒にハプニング(パフォーマンスの原型)を行い美術関係者に注目される。
最初の個展は1961年マーサ・ジャクソン・ギャラリー、翌年以降もソナベント、シドニー・ジャニス、といった有名画廊での個展が続き、1970年35歳にしてホイットニー美術館で回顧展が開かれるまでになる。
工具(祖父が金物屋だったため10代の頃ダインは店を手伝っていた)、バスローブなど身近なものを描いて着実な人気を得る。
ハートは1965年シェイクスピア『真夏の夜の夢』の舞台美術で用いて以来、頻繁に扱われてきた。
子供でも知っている愛のシンボルを単独に絵にすることははばかられるためか、絵の題材とされることは少なかったが、困難を乗り越えて立派なハートの絵を自分のものとし、ジム・ダインの代名詞にまでなしえたのである。

作品名 エルサレムの植物#8
Title The Jerusalem Plant #8,
作家名 ジム・ダイン
Artist Jim Dine
作品本体価格 600,000円
額装費 80,000円
消費税 68,000円
合計金額(税込) 748,000円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様 Work Spec

制作年
1984年
エディション
ED -/26 
サイン
あり 
技法
リトグラフ 
作品本体サイズ(縦×横)
98.8x76.3cm
作品の状態
良好 
額仕様
白/うかせ 
額寸(縦×横)
110x87cm
お届け期間
約3週間 
特記事項
 
作品ID
3433 

< 戻る