トップページ > 伊藤桂司 > サンシャイン・ガール ミーツ グラヴィティ・ボーイ

サンシャイン・ガール ミーツ グラヴィティ・ボーイ

「サンシャイン・ガール ミーツ グラヴィティ・ボーイ」伊藤桂司, 18.3 x 25.8 cm

2004年にギャラリー360°で開催された個展「SUNSHINE GIRL MEETS GRAVITY BOY」で制作されたマルチプル。以前聴講したシュタイナーの講座でのメモ書きを小冊子にまとめ、プリントやポストカードなど、様々なものを箱に集めました。中には外国で見つけたアルバムから剥がされたポラロイド写真が一枚入っていますが、20部限定制作された箱のすべてに違うものが入っています。

作家情報

1958年東京生まれ。UFG(Unidentified Flying Graphics)Inc.代表。京都造形芸術大学客員教授。雑誌「SWITCH」「BRUTUS」「流行通信」等のカバーアート、広告、書籍、音楽関係のアートディレクション、グラフィックワーク、映像等を中心に幅広く活動する。また音楽関係では、テイ・トウワ、バッファロー・ドーター、キリンジ、野宮真貴、一青窈、ボニー・ピンク、オレンジ・ペコー、ELT、山弦、宇多田ヒカル、竹村延和、井上陽水、奥田民生、福岡ユタカ、Keal'l Reichel 等のCDジャケットやビデオクリップなどを手掛け、音楽ファンにもよく知られている。 1999年ニューヨークADCゴールド・アワード、1998/2000年メリット・アワード、コンバース・キャンペーン広告のアートワークにより2001年度東京ADC賞を受賞。 愛知万博EXPO2005世界公式ポスターのアートワーク等を手掛ける。

<主な展覧会歴>
1991年「IMAGINARIA92『NIPPON GRAPHIC FRONT』」参加 イタリア リナシェンテ
1993年「第1回テルアビブ国際ポスター展」横尾忠則推薦による共同出品 テルアビブ美術館
1995年「クローズアップ オブ ジャパン展」参加 サンパウロ美術館,ギンザ・グラフィック・ギャラリー
1999年個展『MOTORWAY』ギャラリー360°
ジェフリー・フルビマーリとの2人展「TOGETHER」CWCギャラリー
ロッテルダム映画祭にて「MOTORWAY」の映像作品“Speed and Silence” Versionを上映
2001年 『Active Wire』ソウル Haja Center
『Buzz Club-News from Japan』参加 ニューヨーク P.S.1 MoMA
2002年「TOKYO ART JUNGLE」東京国際フォーラム
「URBAN LENZ展」参加 TNプローブ
2004年個展「24 JAZZ FUNK GREATS」ストックホルム BUKOWSKIS
「KITTY EX.展」参加 森美術館
2005年グループ展「PSIONIC DISTORTION」ニューヨーク Plum Blossoms Gallery
個展「SUNSHINE GIRL MEETS GRAVITY BOY」ギャラリー360°

作品名 サンシャイン・ガール ミーツ グラヴィティ・ボーイ
Title Sunshine Girl meets Gravity Boy
作家名 伊藤桂司
Artist Keiji Ito
作品本体価格 30,000円
額装費 0円
消費税 3,000円
合計金額(税込) 33,000円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様

制作年
2005年
エディション
ED -/20 
サイン
あり 
技法
5枚のジークレープリント、アクリル板、2枚のコラージュされたポストカード、スタンプされたポストカード大の写真、横長のポストカード、40枚のキャラメルの包紙、見つけたアルバムからのポラロイド写真、2冊の小冊子、 白い箱入 
作品本体サイズ(縦×横)
18.3x25.8cm
作品の状態
良好 
額仕様
なし 
額寸(縦×横)
0x0cm
お届け期間
約2週間 
特記事項
 
作品ID
3245 

< 戻る