トップページ > 渡辺おさむ > MARIA~ pafe~

MARIA~ pafe~

作品情報 Work Information

唐突だが、聖人は神ではない。
神や、神の子への「とりなし」を担うのが聖人であるが、わけても聖母マリアは、諸聖人の中でもイエス・キリストの母として天の后の座にあり、熱心に愛されている。
聖母マリアのポーズにはいくつかのバリエーションがあるが、たとえば、本展のアイコンとして渡辺おさむによってデコレートされた聖母像が示すのは、幼子イエスを抱いた聖母子像と人気を二分するポーズである。
この、リラックスして両手を下げた姿は「完全なる受容」を表しているが、聖母子像が「強い母の記憶」ならば、受容の聖母は、包み込むような「甘い母の記憶」につながっているのではないか。
それは、罰することなく、裁くことなく、ありのまますべてを包み込む理想的な母の姿である。
ヨーロッパ世界最大のキリスト教の聖地のひとつであるフランス/ルールドは、聖母マリアの奇跡にちなむことから聖母信仰の一大拠点ともなっている。
私は三度かの地を訪れたが、熱心な聖母信仰者が列をなす一方で、あの気高い包容力を複製し蕩尽の対象とする土産物をあきれるほど目にした。
完全なる受容のポーズの聖母を象った小像、聖水用のボトルから、ステッカーにキーホルダー、マグカップ、用途も必然性も不明なアレやコレ…。
聖地のポッピズムというのは、どこか温泉場に近いものがある(ルールドも聖なる浴場ではないか!!)が、この聖俗の渾然一体となったどこまでもポップな空気は、日本人の精神性や気分にもよく馴染むのではないだろうか。
ところで、ポップであるということは、当然普遍的である、ということだろう。
キリスト者でなくとも、聖母マリアの姿に慈愛を感じない人はいないのではないか。
だが同時に、ポップであるということは最大公約数的でもある。
普遍的であるがゆえにユニークネスの感じられなくなってしまった聖母マリアの姿を、しかし渡辺おさむならば特別にしてしまう。
無論、あの精緻なフェイク・スイーツのデコレーションで、である。
「クリームが、やがて世界を覆い尽くしていく―」。
渡辺おさむのスイートでハッピーなコンセプトは、自身今年初となる東京での個展『マリア様が見てる』展で、またも我々の眼福を存分に満たしてくれる。
母性と受容の理想像である聖母マリアの“大衆化した抜け殻”を、気の遠くなるように緻密な作業で作り出されたフェイク・スイーツ―ホイップクリームやマカロン、クッキーやシロップ漬けのフルーツ―でデコレートすることで、やさしさややわらかさ、赦しや包容/抱擁の記憶やイマジネーションを、観るものに味わわせてくれる。
実物よりも本物。
渡辺おさむの、目で堪能する極上のスイーツに見かけ倒しはなく、そのすべてが確実に美味しい。
かつて「○○はママの味~♪」という名キャッチフレーズがあったが、渡辺おさむの手にかかればたちどころに、“聖なるママ”に封じ込められた甘い記憶がハッピーな奇跡を起こしてくれる。
渡辺おさむの「甘い世界戦略」が、どう受胎=コンセプシオンするか、ぜひその視覚の味覚で目撃していただきたい。

文筆家 太田圭
詳細画像

作家情報 Artist Information

Cream painting -仕手壮観図-
1980 山口県出身
2003 東京造形大学卒

生クリームやフルーツなどのフェイクフードを駆使し、様々な作品を制作する渡辺おさむ氏。
近年は海外での展覧会をはじめ、日本の各美術館にも作品がコレクションされています。
本年度開催された、はるひ美術館での大規模な個展では過去最高の入場者数13000人の来場者を記録し、美術に疎遠になりがちな人々にも好評を得ました。
また講談社「本」にて、2012年文化勲章を受賞した高階秀爾氏に作品について評論されるなど、美術界においても注目が高まっています。

<主な展覧会>
2007 「五感でアート展」長野県信濃美術館(日本・長野)
2009 「越後妻有アートトリエンナーレ大地の芸術祭」(日本・新潟)
2009 「アニマミックスビエンナーレ」 上海現代美術館MOCA(上海・中国)
2010 「日本」トルコ現代美術館(トルコ・アンカラ)
2011 「渡辺おさむ個展 CHA2011 LOS ANGELES」(L.A・アメリカ)
2011 「十八番」展 ICNgallery(ロンドン・イギリス)
2012 「Re Japan」ASIAN STUDIES GROUP (ミラノ・イタリア)
2012 「渡辺おさむ OHARA-DECO」大原美術館(日本・岡山)
2012 「渡辺おさむ お菓子の美術館」清須市はるひ美術館(日本・愛知)
2013 「小さな世界へようこそ」高松市美術館(日本・高松)
2014 「渡辺おさむ Sweets Sentiment」ポーラミュージアムアネックス(東京)
2014「渡辺おさむ展 お菓子の王国 -スイート・ファンタジー・クエスト-」高崎市美術館(群馬)
2015 「Hello! Exploring the Supercute World of Hello Kitty」
    Japanese American National Museum(LA・アメリカ)
2015「渡辺おさむ展SweetsWonderland-お菓子の遊園地-」アスピラート(山口)


【作品収蔵先】大原美術館/山ノ内町立志賀高原ロマン美術館/清須市はるひ美術館/おかざき世界こども美術博物館

著書
2012 OSAMUWATANABE SWEET OR UNSWEET? (ビー・エヌ・エヌ新社)
2013 OSAMU WATANABE POSTCARD BOOK (パルコ)
2015 渡辺おさむのスイーツデコメソッド(誠文堂新光社)

作品名 MARIA~ pafe~
Title MARIA~ pafe~
作家名 渡辺おさむ
Artist Osamu Watanabe
作品本体価格 100,000円
額装費 0円
消費税 8,000円
合計金額(税込) 108,000円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様 Work Spec

制作年
2012年
エディション
オリジナル 
サイン
あり 
技法
モデリングペースト、アクリル絵具、プラスチック、粘土、樹脂、陶器 
作品本体サイズ(縦×横)
22x8cm
作品の状態
良好 
額仕様
なし 
額寸(縦×横)
xcm
お届け期間
約3週間 
特記事項
※作品のサイズは、(幅)8x(奥行き)7x(高さ)22cmとなります。 
作品ID
30670 

< 戻る