トップページ > 宮城勝規 > Eternal

Eternal

作品情報 Work Information

今回の個展では、タイトルの通りに、さらにその先に行ける可能性を示す。それに続く道は、今回のテーマとしての、“抽象化”というキーワードに繋がっている。

創作の世界で抽象化とは、狭い意味では、いわゆる具体的なカタチが無いものといえるが、広く捉えると、漠然と描くのではなく、形に縛られず、概念的な哲学を純化して表現するようなイメージであろう。

宮城勝規の作品に登場する人物は、今回も、子供や人間とは特定していないのだが、その子供(のようなもの)は、変えようのない日常や、常識に囚われている視覚の制限から自由になれる“心”という象徴であり、また、これら子供の一見奇抜に見える格好は、   そのような気持ちの有り様に気がついた鑑賞者の視点、生き方を変え、心を自由にしてくれる“眼”を与えてくれる。

いわば“心の抽象”というべき、新たな地平に向かっていける我々は、今回画面に登場する人物が、以前より成長した子供として描かれている様に、大きな一歩を踏み出していると思えるのだ。

作家情報 Artist Information

1963年 沖縄県生まれ
18才で上京、バンド活動を始める。
30才、独学で絵を描きはじめる。

出展歴
2001年9月1日~2日 芸術道場GP 東京都現代美術館
2002年8月31日~9月1日 GEISAI2 東京ビックサイト
2003年3月30日GEISAI3 パシフィコ横浜
2003年9月14日GEISAI4 東京ビックサイト
2004年3月21日GEISAI5 パシフィコ横浜
2004年9月12日GEISAI6 東京ビックサイト
2005年3月20日GEISAI7 東京ビックサイト
2005年9月11日GEISAI8 東京ビックサイト
2006年3月12日GEISAI9 東京ビックサイト
2006年9月17日GEISAI10 東京ビックサイト
2007年9月9日~16日 「宮城勝規×熊谷晃太」展 HIROO FIVE #701 東京
2007年11月10日~28日 「ヘイリアジア青年作家プロジェクトⅡ」韓国
2007年11月23~25日 「東京コンテンポラリーアートフェア2007」東京

入選歴
2000年 『MOE(白泉社)』月刊イラスト審査展(伊藤正道選)入選
2001年 『イラストレーション(玄光社)』ザ・チョイス(ホンマタカシ選)準入選

作品名 Eternal
Title Eternal
作家名 宮城勝規
Artist Katsunori Miyagi
作品本体価格 120,000円
額装費 3,100円
消費税 12,310円
合計金額(税込) 135,410円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様 Work Spec

制作年
2010年
エディション
オリジナル 
サイン
あり 
技法
キャンバスにアクリル 
作品本体サイズ(縦×横)
60x50cm
作品の状態
良好 
額仕様
なし 
額寸(縦×横)
0x0cm
お届け期間
約3週間 
特記事項
*額装費は箱・黄袋代です。 
作品ID
19681 

< 戻る