トップページ > 重野克明 > きれいなおかあさん

きれいなおかあさん

作品情報 Work Information

 草書体のように緩急豊かな流れる線を自在に操る彼は、自らの琴線に触れるモチーフを丁寧に選び出し、線を淘汰し、じっくりと形にしてゆきます。
まるでなにかの結晶が出来上がるのを待つように、自らが「描く」ということを繰り返し、ひとつの作品を作り出してゆくのです。
 イメージや色彩の力を信じつつもそれらに頼りすぎない真摯な制作スタイルから生まれる作品は、日本人が古くからもっているであろう美意識を呼び起こしてくれます。
刷師とのコラボレーションで可能性を広げた重野は「イメージしたものをより直接的に表現できた」と言います。
耽美でキッチュな全く新しい世界が繰り広げられています。
2009年7月に『鈴木成一、装丁を語る』を出版されたばかリの装丁デザイナー鈴木成一氏の呼びかけにより、小説の挿絵に挑みました。
著者鳥居みゆきは異彩を放つ芸人ですが、その秘められた文才で綴られた妄想日記により深い魅力をあたえた重野克明の原画です。

作家情報 Artist Information

1975年 千葉県生まれ
  2001年   東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2003 東京藝術大学大学院修士課程  美術研究科版画専攻修了
個 展
2000年 青樺画廊(東京)
2001年 アートギャラリー環(東京) (02、03年)
2003年 セントポールギャラリー(群馬) (04、06年)
2004年 77gallery(東京)(06、07年) ・都画廊 (大阪)
    ギャラリーゆう(岐阜)(06年)

グループ展
2000年「現代美術小品」展   KeyGallery(東京)
2004年 佐倉・房総ゆかりの作家たち-銅版画技法と表現  佐倉市立美術館 (千葉)
版画コレクターの視線展  星と森の詩美術館 (新潟)
 アートスタジオ五日市レジデンス招聘作家展  アートスタジオ五日市 (東京)
  版の記憶・現在・未来  東京芸術大学大学美術館陳列館 (東京)
2005年 ソウル国際版画写真アートフェア (ソウル)
2006年 版画作品を中心として  佐倉市立美術館 (千葉)
若手作家による銅版画展 -日常とその向こう-
ミュゼ・浜口陽三 ヤマサコレクション(東京)
2007年 東京コンテンポラリーアートフェア(TCAF)出展 (77galleryより)
2008年 アートフェア東京 出展  (77galleryより) 

作品名 きれいなおかあさん
Title きれいなおかあさん
作家名 重野克明
Artist Katsuaki Shigeno
作品本体価格 55,000円
額装費 0円
消費税 5,500円
合計金額(税込) 60,500円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様 Work Spec

制作年
2009年
エディション
オリジナル 
サイン
あり 
技法
ドローイング 
作品本体サイズ(縦×横)
28x21.5cm
作品の状態
良好 
額仕様
なし 
額寸(縦×横)
32x26cm
お届け期間
約3週間 
特記事項
 
作品ID
19637 

< 戻る