トップページ > 樋口佳絵 > ふたつの声

ふたつの声

作品情報 Work Information

油彩画と古典的なテンペラ技法を併用しながら、現代に生きる一人の女性の視点を描いてきました。
テンペラ特有の繊細で柔和なタッチや、温かな色合いで描かれるのは、いつか何処かで見かけたことのあるような、少年、少女の姿です。
不思議な空間の中にたたずむ彼らはみな、夢中に何かに取り組んでいます。
そのしぐさには、あどけなさや素直さを感じ、また表情からは、時に悲しげで時にユーモラスな、彼らの心の一片を覗き見る事ができます。
 日常生活にありながら、無意識では見過ごしてしまいそうな細かな出来事が、子供のように純真な作者の視点で描かれているのです。
そしてその精力的な活動と、実力が認められ2005年には宮城県芸術選奨新人賞、2007年の「VOCA 2007」では大原美術館賞を受賞しています。

作家情報 Artist Information

宮城県仙台市出身。
1997年 東北生活文化大学生活美術学科卒業
2005年 宮城県芸術選奨新人賞 受賞
2007年  「VOCA展 2007」大原美術館賞 受賞
現在は仙台市に住む。


<<主な個展>>
2012  「みずたま」こぐま画廊/仙台
      「I’m here.」A/D Gallery/東京
2011  「針がとぶ」KIDO Press/東京
2010  「樋口佳絵展」KIDO Press/東京
2008  「エンシンリョク」 西村画廊、東京
2007  「耳鳴り」 西村画廊、東京
      桜華書林、長野
2005  「N.E. blood 21 樋口佳絵展」 リアス・アーク美術館、気仙沼
      「24℃」 西村画廊、東京
2004   ギャラリー五番街、仙台('03)
       カフェ・マティス、仙台('03)
2002  「公開制作/つくる私を描く私」 宮城県美術館創作室

<<主な展覧会>>
2012年 「手のとどくアート」KIDO Press/東京(開催中)
2011年 「PLUS the Art Fair」(KIDO Pressより出展)東京美術倶楽部ビル/東京
      「清澄サイレントアートオークション」清澄アートコンプレックスビル/東京
      「print show vol.5」KIDO Press/東京

作品名 ふたつの声
Title futatsunokoe
作家名 樋口佳絵
Artist Kae Higuchi
作品本体価格 39,000円
額装費 16,000円
消費税 5,500円
合計金額(税込) 60,500円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様 Work Spec

制作年
2010年
エディション
ED-/20 
サイン
なし 
技法
Etching(銅版エッチング) 
作品本体サイズ(縦×横)
66x44cm
作品の状態
良好 
額仕様
メープル 白 
額寸(縦×横)
67x47cm
お届け期間
約3週間 
特記事項
 
作品ID
19634 

< 戻る