トップページ > 加賀城健 > Manipulation-Grow

Manipulation-Grow

作品情報 Work Information

伝統的な染色の手法を用いて、次世代の日本の工芸とコンテンポラリーアートの両面を切り開こうとする加賀城健。彼の最も象徴的な作品は、にじみ・ぼかし・脱色を多用して布上に抽象画的な表現が作り出されるものです。これらは伝統的には失敗のものとして扱われてきましたが、彼の身体感覚みなぎる表現と大胆な色彩の構成力を加えることによって、従来の染色を裏切る独自性のある作品を生み出しているのです。

作家情報 Artist Information

1974年 大阪生まれ
2000年 大阪芸術大学大学院 芸術制作研究科修了

2000年 大阪芸術大学大学院芸術制作研究科非常勤助手 (-2002)
2003年 京都造形芸術大学非常勤講師 (-2008)
2007年 神戸芸術工科大学非常勤講師 (-2008)
2008年 京都精華大学非常勤講師
2009年 京都嵯峨芸術大学非常勤講師 (現職)

〈主な個展〉
2000年 ギャラリーマロニエ (京都、01、02、04、06年開催)
2001年 千疋屋ギャラリー (東京、06年開催)
2002年 GALERIE SOL (東京、05、07年開催)
2003年 ワコール銀座アートスペース (東京、05年開催)
2004年 ギャラリーギャラリー (京都、07年開催)
2006年 gallery den (大阪)
2007年 ギャラリープランネット (名古屋)
2009年 個展「Positive Taboo」(YOD Gallery・大阪)

〈主なグループ展〉
1998年 第3回昭和シェル石油現代美術賞展 (目黒区美術館・東京)
2002年 京都府美術工芸新鋭選抜展 (京都文化博物館、06出品)
    第12回 染・清流展 (京都市美術館/目黒区美術館、04、07出品)
     第2回国際タピスリーアートビエンナーレ展 (清華大学美術館・北京)
2004年 3rd International Fiber Art Biennale(Shanghai) (Shanghai Library
Conference and Exhibition Center)
2005年 CRIA展 (京都芸術センター)
     新鋭美術選抜展 (京都市美術館)
    二人展 (ギャラリー恵風・京都、08年まで毎年開催)
     Kaunas Art Biennale (ジリンカリス美術館・リトアニア)
2006年 Japanese Suppleness -contemporary art from Japan- (デンマーク国内を巡回)
      Art Court Frontier 2006#4 (ARTCOURT Gallery・大阪)
2007年 International Craft Trend Fair (COEX・韓国)
2008年 期待の新鋭作家展 (染・清流館・京都)
2009年 ART OSAKA 2009 (堂島ホテル・大阪) 
    KOBE ART MARCHE 2009(クラウンプラザ神戸)
    EMERGING DIRECTORS' ART FAIR "ULTRA 002"(スパイラル・東京)

〈作品所蔵〉 染・清流館 (京都)
〈コミッションワーク〉 川口エルザタワー (埼玉) 、(株)トゥルースショウルーム (大阪)

作品名 Manipulation-Grow
Title Manipulation-Grow
作家名 加賀城健
Artist Ken Kagajo
作品本体価格 50,400円
額装費 0円
消費税 5,040円
合計金額(税込) 55,440円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様 Work Spec

制作年
2010年
エディション
オリジナル 
サイン
あり 
技法
ハイドロサルファイト・別珍・パネル 
作品本体サイズ(縦×横)
33.4x24.3cm
作品の状態
良好 
額仕様
なし 
額寸(縦×横)
0x0cm
お届け期間
約3週間 
特記事項
 
作品ID
19593 

< 戻る