トップページ > 木村了子 > 男の料理

男の料理

作品情報 Work Information

 木村了子は1971年京都に生まれ、1995年には、東京芸術大学油画専攻を卒業し、97年に同大学の大学院を壁画専攻で修了しました。

 木村はこれまで現代社会のさまざまな世俗的テーマを取り上げ、それらを古典的な技法を用いて描いてきました。
金箔の貼られた屏風に岩絵具で描かれた大作「おうじさまのくに」では、キリストの宗教画を彷彿とさせるモチーフや画法によって、おとぎの国で日々鍛錬に励む若い王子たちの姿が、生き生きと描かれています。
 また、絹本に墨で描かれた「鰐虎図」は、東アジア絵画史の定番モチーフ、「龍虎図」に挑戦したものです。水辺で虎とくつろぎ、また、鯉を乗りこなす琴高仙人さながらにワニにまたがる若きターザンの姿がそれぞれに描かれています。
 古典技法によって表される現代の若者の姿や、神話に準えた現代社会の風潮など、クラシックとコンテンポラリーの混在した世界に生まれる鮮やかなコントラストこそが、木村了子の作品の魅力です。

 そして木村が作品の中で一貫して取り上げるテーマにはもう一つのキーワードがあります。
それは、現代に生きる女性ならではの視点で捉えられた「エロス」、またはその対象としての人物を描く事です。
 これまで美術の「人物画」の歴史では、圧倒的に女性が描かれる側であり、木村自身も以前は深く考えず、当たり前のように女性の姿を描いていたと言います。
しかしある時、女性である作者が、女性自身の姿を描くことに意味を見つけられなくなり、それならば、と異性である男性の姿を描いてみたそうです。
このごく自然な衝動は、作家に「思いのほか、楽しかった。」という率直な感動を生み、その後
木村了子の世界は徐々に確立されて行きました。

作家情報 Artist Information

木村 了子/Ryoko Kimura
1971年 京都府生まれ
1997年 東京芸術大学院修士課程壁画専攻修了

主な個展
2009年 「Born to be wild 目覚めろ、野性!」(布査國際當代藝術空間 台北・台湾)
「Born to be wild 目覚めろ、野性!」(三潴画廊 北京・中国)(
2008年 「Prince Come True」 (布査國際當代藝術空間 台北・台湾)(
2007年 「Prince Come True」 (旧ギャラリーエス・ミヅマアクション企画 東京)(
2005年 「Beauty of my Dish. - 私の男体盛り料理 展」(スパンアートギャラリー)(
2004年 「ステンドグラス浪漫 展」 (そごう神戸本店アートギャラリー他、4個所で開催)
2003年 「女性上位時代 展」 (ヴァニラ画廊 東京)(
2002年 「個展」 (スパンアートギャラリー東京)(
1997年 「半地下多目的スペース 展」(リュ・プラス/モリスギャラリー付属 東京)

主なグループ展
2010年 「第六屆 漢字文化節 「漢字弄潮」當代藝術展」(台北 台湾)(
2009年 「2nd Art Auction show」(ソウル 韓国)(
2007年 「美男画 展」  (ぎゃらりぃ朋 東京)(
2006年 「眼差しと好奇心 展」  (ミヅマ・アクション 東京)(
2006年 「3人の画家展」(兜屋画廊)
2005年 「伊藤晴雨とその系譜展」(ヴァニラ画廊 東京)(
2004年 「東京芸大のガラス作家たち」展 (東京芸術大学陳列館 東京)(
2003年 「NICAF 8th 関連企画展 アート アンド ジェネレーションズ 展」(スパンアートギャラリー 東京)(
2002年 「第1回ステンドグラス美術展」(名古屋松坂屋美術館 名古屋) プロ部門・ 奨励賞受賞

アートフェア
2009年 「Art Taipei」(台北 台湾)(
2007年 「CIGE 中国国際画廊博覧会」(北京 中国)(
2007年 「Art@Agnes」(神楽坂 アグネスホテル アンド アパートメンツ東京)
2006年 「PULSE - Art Fair - MIAMI」(マイアミ USA)(
2006年 「Melbourne Art Fair」(メルボルン オーストラリア)(
2005年 「7td Art International Zurich」(チューリッヒ国際展示場 スイス)(
2003年 「NICAF 8th」 (東京国際フォーラム)

出版・その他
-『ROSE もっと深い愛のカタチ』(コアマガジン)絵 / 木村了子 文 / 倉田真澄
-『椎名林檎式 富世をんな雙六エクスタシー』(黒猫堂 / 2003年椎名林檎の「雙六エクスタシー」武道館公演を記念して、お土産
 に配布された雙六)
-『縛り四連襖枝』(およう製作委員会 / 2002年公開映画「およう」のセットに使用された襖絵)

作品名 男の料理
Title men's cooking
作家名 木村了子
Artist Ryoko Kimura
作品本体価格 50,000円
額装費 0円
消費税 5,000円
合計金額(税込) 55,000円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様 Work Spec

制作年
2010年
エディション
ED: -/9 
サイン
なし 
技法
リトグラフ 
作品本体サイズ(縦×横)
28.7x21cm
作品の状態
良好 
額仕様
シルバー 
額寸(縦×横)
28.7x21cm
お届け期間
約4週間 
特記事項
 
作品ID
10725 

< 戻る