トップページ > トニー・アウスラー > ラビット アンド フレンド

ラビット アンド フレンド

作品情報 Work Information

アウスラーの夢の中のウサギ。その友達はカエルだった。なんで!何の脈絡も無いじゃない!でも夢の中なら何でもありなのです。笑顔のウサギは意地悪そうなカエルに何を話すのでしょう。たわいもない世間話かな。ひとつの常識を破るのもアートの仕事。どんな友人関係か想像してみてください。

「人々が最もひきつけられるのは顔だ」というアウスラーの作品はどれも人間の顔だけが主題となっている。つまり人体の顔の部分がのっぺらぼうになっていて、それをスクリーンがわりに目を閉じたり口をあけておしゃべりしたりといった人間の表情のビデオを投影するのだ。2003年5月ニューヨーク、メトロ・ピクチャーズで発表された新作は、立体スクリーンがウサギやカエルの形をしていて、妙に面白く観客も大喜びだった。グロテスクといえばグロテスクだが、発想は可愛いものだったと、このドローイングから想像できる。ギャラリーに展示の作品は、ほとんど売約済みだったが、裏の倉庫から出してきてもらったものの1点。紙にアクリル絵の具で描いたオリジナル、ほかに同じものはない。

作家情報 Artist Information

1957年、ニューヨーク市生まれ

カリフォルニア・インスティテュート・オブ・ジ・アーツ卒業。ビデオ・アートを学んだアウスラーは、1992年から表情の変化する人間の顔を主題として作品を制作しはじめる。ソファーの下敷きになったり、マットレスにはさまれたり、スーツケースに突っ込まれたのっぺらぼうの顔の上に、変化する表情のビデオを映写するというユニークな作品は、低迷していたビデオ・アート界に新たな旋風を巻き起こした。日々無意識のうちに抑圧された生活を余儀なくされている現代人に対するユーモアある警鐘でもあるのだが、欧米人の大きな目鼻立ちの動きある表情と単純なせりふは一度見ると決して忘れられない。作品の主題となるシチュエーションとせりふは、ちょっとしたアイデアをまめにノートしたりスケッチすることにより集められる。簡略だが的確にアイデアのイメージをスケッチしたドローイングはそれだけでも印象的な作品である。

作品名 ラビット アンド フレンド
Title Rabbit and Friend
作家名 トニー・アウスラー
Artist Tony Oursler
作品本体価格 180,000円
額装費 16,000円
消費税 15,680円
合計金額(税込) 211,680円
プレミアム会員なら全作品が5%OFFに!いますぐ入会→

作品仕様 Work Spec

制作年
2003年
エディション
NA 
サイン
なし 
技法
アクリル(絵の具) 
作品本体サイズ(縦×横)
31x23cm
作品の状態
良好 
額仕様
白/うかせ 
額寸(縦×横)
39x31cm
お届け期間
--- 
特記事項
※1点もののためエディション番号はありません。 
作品ID
1052 

< 戻る