トップページ > Ouma

おうま

Ouma

Ouma

Ouma
それまで働いていた獣医師を31歳で辞め、アーティストとしてのキャリアを新たにスタートさせたOuma。

Oumaは臨床医だった時代に、担当していた子供の患者が亡くなってしまうという悲しい事件に直面し、その子の絵を描き続けて手紙と一緒にに家族に送り始めた。その数は100以上。
その後Oumaは獣医師とは動物の病気を治すのではなく、飼い主の「心の癒やし」を全うすることであるとし、手術や薬によらない癒しのあり方を模索するためにアート活動を開始した。

創作を通じてOumaが目指しているのはアートが医療の代わりとなること。
世界を巡って人々と対話をしながら様々な手法を試し、人にとってより効果的な「癒し」となるアートとは何かを探求しつづけている。

2013年に六本木のギャラリーUNAC TOKYOで初個展をした後にこれまで計3回の個展を開催。 自らを「細胞アーティスト」と呼ぶ。
治療の代替としてのアートの探求は、生命の最小単位である「細胞」をモチーフとして、鑑賞者を主役とする体験型の作品を制作している。

世界中の人をつなげるアートプロジェクト「SORAプロジェクト」を主宰するなどでバルセロナ、ロシア、ドイツ、タイ、スリランカなど世界各地のアーティスト・レジデンスで滞在した。
2017年からはロサンゼルス、ニューヨーク、フィンランド、ルーマニア、上海と1年かけて世界中を駆け巡ることになり、ますますの活躍が期待される。


あの秋の日がもしも雨だったら
あの秋の日がもしも雨だったら
Ouma
Ouma
19,440円
サイズ 29x38cm
技法 切り絵(アクリル絵具、和紙)
エディション オリジナル
正常とラベルされたもの
正常とラベルされたもの
Ouma
Ouma
27,000円
サイズ 42x55cm
技法 切り絵(アクリル絵具、和紙)
エディション オリジナル
「絵の具を使い切りたかった」断片 - 第二進化形態
「絵の具を使い切りたかった」断片 - 第二進化形態
Ouma
Ouma
10,800円
サイズ 21x28cm
技法 ボードペインティング(ペン、アクリルガッシュ、ネイルポリッシュ、ニス、モデリングペースト、廃材)
エディション オリジナル
「絵の具を使い切りたかった」断片 - 第二進化形態
「絵の具を使い切りたかった」断片 - 第二進化形態
Ouma
Ouma
10,800円
サイズ 21x28cm
技法 ボードペインティング(ペン、アクリルガッシュ、ネイルポリッシュ、ニス、モデリングペースト、廃材)
エディション オリジナル

あの秋の日が晴れてたから
あの秋の日が晴れてたから
Ouma
Ouma
19,440円
サイズ 29x38cm
技法 切り絵(アクリル絵具、和紙)
エディション オリジナル
正解のないものに答えを与える
正解のないものに答えを与える
Ouma
Ouma
27,000円
サイズ 42x55cm
技法 切り絵(アクリル絵具、和紙)
エディション オリジナル
それでも彼は生きている
それでも彼は生きている
Ouma
Ouma
37,800円
サイズ 51x66cm
技法 切り絵(アクリル絵具、和紙)
エディション オリジナル
結合組織を剥がす音
結合組織を剥がす音
Ouma
Ouma
54,000円
サイズ 66x85cm
技法 切り絵(アクリル絵具、和紙)
エディション オリジナル

自由で美しいほど悪くなる
自由で美しいほど悪くなる
Ouma
Ouma
サイズ 42x55cm
技法 切り絵(アクリル絵具、和紙)
エディション オリジナル
膨張する細胞の声
膨張する細胞の声
Ouma
Ouma
サイズ 42x55cm
技法 切り絵(アクリル絵具、和紙)
エディション オリジナル