トップページ > 赤瀬川原平

あかせがわげんぺい

赤瀬川原平

Genpei Akasegawa

1937年横浜生まれ。画家、作家。武蔵野美術学校中退。
衛芸術家として1960年グループ ネオ・ダダ、1963年ハイレッド・センターを結成し、活動。千円札裁判被告。1972年に超芸術トマソンを発見する。1981年『父が消えた』(尾辻克彦の筆名で発表)で第84回芥川賞受賞。1986年路上観察学会発足。カメラコレクター、ライカ同盟、日本美術応援団などの活動でも知られる。主な展覧会に1986年「前衛の日本」(ポンピドゥー・センター)1994年「戦後日本の前衛美術」(横浜美術館、グッゲンハイム美術館ソーホー、サンフランシスコ近代美術館)、1995年「赤瀬川原平の冒険 脳内リゾート開発大作戦 」(名古屋市美術館)など。著書に『櫻画報大全』、『東京ミキサー計画』、『超芸術トマソン』、『外骨という人がいた!』、『カメラがほしい』、『芸術原論』、『反芸術アンパン』、『ライカ同盟』、『老人力』、『全面自供!』など。写真集に『正体不明』など。


大日本零円札
大日本零円札
赤瀬川原平
Genpei Akasegawa
サイズ
14x31cm
技法
オフセットリトグラフ
エディション
なし