トップページ > 大谷太郎

おおたにたろう

大谷太郎

Taro Otani

大谷太郎
20歳でドイツに渡り、国立アカデミーでの絵の修業を経てベルリンで創作を続けながら、国内外で絵を販売してきたという非常にエネルギッシュな大谷太郎。
TAGBOATでは常に売上げ上位者としてランクインする一方で、ギャラリーには所属せず、インディペンデントな流儀を崩さないユニークな立ち位置の人気画家としても知られています。

「絵は見て楽しむもの」という大谷氏のシンプルな絵画観には、爽やかなまでに無国籍な魅力がありますが、それでいて四季を意識した絵を描き続けているといい、TAGBOATでは、春夏秋冬の風情に通じる彼の絵は特に人気を集めています。

塗りののびやかさ、点描画に近い筆の置き、折れそうに細い線の密集。油絵具によって具象も抽象も自由にミックスされた大谷太郎氏の絵画世界は、おとぎ話のグラフィカルなワンシーンのようです。ふんだんな色づかいは暖色と寒色の均衡などにとらわれず、モザイク配置で躍り上がるような色とその印象のぶつかり合いが脳内を揺さぶって、日常生活から遊離する楽園感覚を味わわせます。

大谷太郎のすごいところは、TAGBOATで常に売れ続けている作家のひとりであるということ。
通常のアーティストは販売に波があるものですが、彼は一定した人気を保っています。
それは21年間のドイツ生活で身に着けた表現力が人々を魅了させているのであり、今後もその 勢いはとまりそうにありません。
急な値上がりを狙うことのない着実な価格の上昇も、大谷太郎の将来にわたる作家人生の中で確実なキャリアアップとなってきていると思われます。
よい作品を長く持つことによって得られる作品の価値は、堅実に、そして心豊かに我々を満たしてくれるに違いないと言っていでしょう。

大谷太郎のインタビューはこちら
http://bit.ly/25uGqQM


秋っぽい女 R
秋っぽい女 R
大谷太郎
Otani Taro
267,840円
サイズ
45x38cm
技法
油彩xキャンバスボード
エディション
オリジナル
秋っぽい女 A
秋っぽい女 A
大谷太郎
Otani Taro
267,840円
サイズ
38x45cm
技法
油彩xキャンバスボード
エディション
オリジナル
秋服のひと
秋服のひと
大谷太郎
Otani Taro
258,120円
サイズ
33x53cm
技法
油彩x木製パネル
エディション
オリジナル
泣き顔
泣き顔
大谷太郎
Otani Taro
285,120円
サイズ
80x60cm
技法
油彩xキャンバス
エディション
オリジナル
ゴールドリバー
ゴールドリバー
大谷太郎
Otani Taro
212,760円
サイズ
24x33cm
技法
油彩x木製パネル
エディション
オリジナル
ゴールドタウン2017
ゴールドタウン2017
大谷太郎
Otani Taro
267,840円
サイズ
38x45cm
技法
油彩xキャンバスボード
エディション
オリジナル
雨のまち
雨のまち
大谷太郎
Otani Taro
259,200円
サイズ
53x41cm
技法
油彩x木製パネル
エディション
オリジナル
あかい電車
あかい電車
大谷太郎
Otani Taro
198,720円
サイズ
24x33cm
技法
油彩xキャンバスボード
エディション
オリジナル
ドリームフィッシング
ドリームフィッシング
大谷太郎
Otani Taro
244,080円
サイズ
38x45cm
技法
油彩xキャンバスボード
エディション
オリジナル
黄色のかざり
黄色のかざり
大谷太郎
Otani Taro
244,080円
サイズ
38x45cm
技法
油彩xキャンバスボード
エディション
オリジナル
向こうのまち
向こうのまち
大谷太郎
Otani Taro
155,304円
サイズ
15x22cm
技法
油彩xキャンバス
エディション
オリジナル
夜のまち
夜のまち
大谷太郎
Otani Taro
284,040円
サイズ
53x53cm
技法
油彩・キャンバス
エディション
オリジナル
春のみずうみ
春のみずうみ
大谷太郎
Otani Taro
243,000円
サイズ
40x50cm
技法
油彩xキャンバス
エディション
オリジナル
秋のリズム
秋のリズム
大谷太郎
Otani Taro
188,460円
サイズ
54x72cm
技法
油彩x油彩用紙
エディション
オリジナル
花束
花束
大谷太郎
Otani Taro
188,460円
サイズ
54x72cm
技法
油彩x油彩用紙
エディション
オリジナル
ウォータータウン
ウォータータウン
大谷太郎
Otani Taro
422,280円
サイズ
91x116cm
技法
絵画/油彩・キャンバス
エディション
オリジナル