トップページ > 鴇田みよこ

ときたみよこ

鴇田みよこ

Miyoko Tokita

鴇田みよこ
東海大学教養学部芸術学科後、会社員をしながら制作を続ける鴇田みよこ。
物心ついた頃から、人一倍敏感に感じていた自分と他者の間にある「違い」をテーマに作品を展開している。

大人でも子供でも社会に属して生きていく中で必ず周りと自分を比較し、否が応にもそれによって悩み、また、自分とは何かと考えた経験があるという人も多くいるだろう。

しかし鴇田はその状況を丁寧に観察。そして客観的な目線を持って表現する事で、一見無表情であり、捉えどころの無い違和感をもたらす作品ながら、その後に観る者をついクスッと笑わせてしまうような、不思議な絵画空間を表現する。
個々の違いを客観的に知る事で、自分自身の在り方に自信を与えてくれるような、そんなじんわりとした温かさも持った作品だ。

2013年にワンダーシード入選、2015年のイラストレーション「ザ・チョイス」では、応募数は約320人、1000点の中から見事に準入選を果たすなど、近年その独特な空気を纏った世界観が評価され始めている。
テーマや作品の見せ方は決して派手ではないが、誰しもが共感できる要素を見事に独自の目線で観察し表現している所が、この評価につながっているのだろう。

誰もが感じた事のある他者との「違い」。その「違い」を鴇田の作品を通して共有するのも作品鑑賞の面白さの1つかもしれない。
将来性を期待できる作家としても今のうちに持っておきたい一品である。


形而上の約束
形而上の約束
鴇田みよこ
Miyoko Tokita
サイズ
38x46cm
技法
キャンバスにアクリル
エディション
オリジナル