トップページ > 石井七歩 > TOKYO PERFECT WORLD (AKIHABARA)

TOKYO PERFECT WORLD (AKIHABARA)

作品情報 Work Information

私は1年間と少し、趣味でメイド喫茶のアルバイトをしていた。
これはその出勤前に撮影した写真が舞台になっている。

万世橋交差点を始点とした都道437号線(中央通り)が上野方面に向かって延びる。総武本線の高架を挟んで、調和を無視した原色的センスの街並みを臨む構図だ。

この街には外国人観光客が本当に多い。
体感ではアジア系の観光客が多いが、フランスやドイツやロシア、オーストラリア、アメリカやカナダ、世界中どこからでも観光客が来ていた。
つまり東京で最も分かりやすい「特異点」だということだ。アニメキャラのグラビアが街頭の巨大な看板を飾り、ゲームセンターではアニメコスプレの店員が客の呼び込みに励む。メイド服やくノ一、セーラー服を着た少女たちがビラを配り、アニメキャラのグッズを大量に身に付けた青年が道を行き交う。


さて、秋葉原といえば電気街だが、
電気街と呼ばれるに至る由縁は1945年からだという。
電機学校(現在の東京電機大学)の学生のために真空管やラジオ部品などの電子部品を販売していた店舗(戦時下の闇市)が、総武本線のガード下に集まって、今日の電気街の基になったらしい。

1990年代後半には美少女アニメなどのサブカルチャーが一般にも認知されはじめ、2000年頃には電子機器系の販売店の規模が縮小し、代わってアニメ、ゲーム、音楽などを扱う店舗が増加。

2005年にはドン・キホーテ秋葉原店8階でAKB48がデビュー。今ではコンセプトカフェや地下アイドル専用のライブハウス含め、アニメのみならずアイドルの聖地にもなっている。

私がこの街を好きなのは、
趣味の街であるがゆえに、特定の人物像だけが集まらない点である。

例えば、メイド喫茶の客なんて気持ち悪いオタクばかりなんでしょ…と思うかもしれないが、それは完全に間違いである。普通のサラリーマンから医師や日雇い労働者、高校生や大学生、劣等生から優等生、低所得者から高所得者、美しい人から醜い人、健常者から障がい者、男性や女性やLGBT、10代から70代まで、おおよそ思いつく限りのあらゆる職業・社会的地位・外見・能力・年齢・性別の人々が集まる場所で、それが最高に面白い。

私はそんな “およそ思いつく限りのあらゆる人々” のイデオロギーを覗くことが大好きだった。可能であればずっとずっと秋葉原のメイド店員として、ありとあらゆる人々のイデオロギーをコレクションしていたかったくらいである。

秋葉原はこのように、
ありとあらゆる人々が混在するスポットが非常に多い。
これが他の街、たとえば六本木や銀座や渋谷ならばそうはいかない。それはアニメやアイドルという、間口の広いカルチャーを基盤とした街だからこそ見ることができる光景だろう。

2010年代の秋葉原は、
アニメ・ゲームというカルチャーの摩訶不思議な寛容さがつくりあげた、今現在しか観測できない貴重な都市の形であると思う。

作家情報 Artist Information

IDEAL WORLD(象牙の塔 Ivory Tower)
1991年東京生まれ。2010年より、文明や生死をテーマに作品を制作。

1991年3月、東京湾を臨む埋立地に生まれる。
どこまでも四角い細胞のような住居がつづく、無機質な団地風景の中で育つ。
2010年秋、パリの画家モーリス・ユトリロの展覧会を見たその日に、街景をモチーフとしたドローイングを描きはじめる。
2010年冬、村上隆氏のギャラリー”Hidarizingaro“にて開催のグループ展へ参加。
2011年春には堂島リバービエンナーレへ参加。参加者に磯崎新氏や隈研吾氏など建築家が多かったことから建築に対する興味が深まり、建築物をモチーフとした作風に没頭してゆくこととなる。
2011年、約50人の画家が所属するアーティストチームを設立。代表を務める。
2012年、青森県立美術館にて美術館デビュー。
2012年のGEISAIで飯田高誉賞を受賞したことをきっかけに、その後3年間、主に村上隆氏の持つギャラリーで展覧会を企画、開催してゆくことになり、2011年から2013年までの間に、10回の展覧会を企画監修、30回以上のイベントを主催。
2013年、飯田高誉氏の推薦により、上野の森美術館のVOCA展に出品。
2016年、銀座での初個展を経て、2017年には東京・代官山に自身のアトリエ・ギャラリーをオープン。

http://nahoishii.com/

【個展】
2016 石井七歩個展「Broken Tokyo」/中銀カプセルタワー(銀座)
2017 石井七歩個展「Archives」/Rerearealism(代官山)

【グループ展】
2011 堂島リバービエンナーレ2011 ″ECOSOPHIA—アートと建築—”/堂島リバーフォーラム(大阪)
2011 Pixiv×kaikaikiki エノテロリズム ―想像力の創造力、神体を生みだす身体―/HidariZingaro(中野)
2012 超群島 – HYPER ARCHIPELAGO/EYE OF GYRE(表参道)
2012 アーティスト・アジト/HidariZingaro(中野)
2012 アーティスト・アジト2/GEISAIgallery(秋葉原)
2012 アーティスト・アジト3/GEISAIgallery(秋葉原)
2012 されど少女は虚空の世界で/FUMA Contemporary Tokyo(八丁堀)
2012 アーティスト・アジト4/多摩美術大学(八王子)
2012 超群島 – ライト・オブ・サイレンス/青森県立美術館(青森)
2013 VOCA展2013 現代美術の展望−新しい平面の作家たち/上野の森美術館(上野)
2013 秋葉原モンパルナス/GEISAIgallery
2013 浄泉寺アートプロジェクト /浄泉寺(尾道)
2013 Intolerance World/GallaryPONCOTAN(札幌)

【その他】
2012 ニコニコ超会議 言論コロシアム「村上隆・GEISAIブース」/幕張メッセ
2012 GEISAI#16/東京流通センター
2013 GEISAI#17/東京流通センター

【受賞歴】
2012 GEISAI#16/飯田高誉賞受賞

作品名 TOKYO PERFECT WORLD (AKIHABARA)
Title TOKYO PERFECT WORLD (AKIHABARA)
作家名 石井七歩
Artist Naho Ishii
作品本体価格 80,000円
額装費 5,000円
消費税 6,800円
合計金額(税込) 91,800円

作品仕様 Work Spec

制作年
2016年
エディション
オリジナル 
サイン
あり 
技法
フォトコラージュ・紙にドローイング 
作品本体サイズ(縦×横)
21x29.7cm
作品の状態
良好 
額仕様
あり 
額寸(縦×横)
30x40cm
お届け期間
約3週間 
特記事項
※既存額でのお渡しになります。 
作品ID
52695 

< 戻る