トップページ > 石井七歩 > IDEAL WORLD(GOLDEN GUN)

IDEAL WORLD(GOLDEN GUN)

作品情報 Work Information

幾重にも連なる四角の建築物には、アーチ状の窓が特徴的に描かれています。
アーチ状をした建築構造が人類史に登場しはじめたのは、メソポタミアのウラルトゥ、ペルシア、ハラッパー、 古代エジプト、バビロン、古代ギリシア、アッシリアといった古代文明でしたが、アーチの利点を最大限利用した世界初の建築者は、古代ローマ人(紀元前6世紀~)であると言われています。つまりアーチ状の建築群が存在しているということは、高度な都市のシステムを持っている、ある程度発展した文明の存在を示唆しているのです。

複雑に絡み合う線状の抽象物は「フラクタル構造」を意識して描かれています。
フラクタルとは幾何学の概念で、図形の全体像とその一部が似た形をしていることを言います。このフラクタル構造は自然界の様々な面で見られます。例えば海岸線の形、山の形、枝分かれした樹木の形。生物であれば、血管の分岐構造や腸の内壁。そして株価の動向など社会的な現象も、フラクタルな性質を持っています。
描かれたフラクタル構造は「自然界に満ちている法則」の比喩でもありますが、有限の紙の上に、無限の表面積を持つ形状を描こうとすることで、鑑賞者の想像力、つまり人間の脳の見えない部分を保管しようとする能力を借りて、無限に広がる世界観を描こうとしています。

IDEAL WORLD「理想的な世界」と名付けられたこの作品群には、ひとつひとつそれぞれ異なった背景やテーマが存在しています。

この作品は、フリントロック銃がモチーフになっています。
「フリントロック式」とは、1620年頃に開発された、マスケット銃などの火器で使われた点火方式の1つ。火打ち石と鉄をぶつけて生まれた火花で点火します。

それまでの銃は火縄式(マッチロック式)で点火していました。しかし火縄式は単純ではあるものの、湿気に弱く、火種が光源となり敵に見つかる危険性もありました。そのため、撃鉄が振り下ろされるその瞬間まで火種が現れないフリントロック式は、新しい点火方法として広まり、約200年間、世界で使用されました。

石井が一貫して持ち続けている普遍的なテーマは「生きるということとは?」です。人類史におけるコペルニクス的転回となった銃の発明は、人間の生死観をどう変えたのでしょうか。
よく見ると、銃口へ近くに従って建物が崩れています。
IDEAL WORLD(GOLDEN GUN)

作家情報 Artist Information

IDEAL WORLD(象牙の塔 Ivory Tower)
1991年東京生まれ。2010年より、文明や生死をテーマに作品を制作。

1991年3月、東京湾を臨む埋立地に生まれる。
どこまでも四角い細胞のような住居がつづく、無機質な団地風景の中で育つ。
2010年秋、パリの画家モーリス・ユトリロの展覧会を見たその日に、街景をモチーフとしたドローイングを描きはじめる。
2010年冬、村上隆氏のギャラリー”Hidarizingaro“にて開催のグループ展へ参加。
2011年春には堂島リバービエンナーレへ参加。参加者に磯崎新氏や隈研吾氏など建築家が多かったことから建築に対する興味が深まり、建築物をモチーフとした作風に没頭してゆくこととなる。
2011年、約50人の画家が所属するアーティストチームを設立。代表を務める。
2012年、青森県立美術館にて美術館デビュー。
2012年のGEISAIで飯田高誉賞を受賞したことをきっかけに、その後3年間、主に村上隆氏の持つギャラリーで展覧会を企画、開催してゆくことになり、2011年から2013年までの間に、10回の展覧会を企画監修、30回以上のイベントを主催。
2013年、飯田高誉氏の推薦により、上野の森美術館のVOCA展に出品。
2016年、銀座での初個展を経て、2017年には東京・代官山に自身のアトリエ・ギャラリーをオープン。

http://nahoishii.com/

【個展】
2016 石井七歩個展「Broken Tokyo」/中銀カプセルタワー(銀座)
2017 石井七歩個展「Archives」/Rerearealism(代官山)

【グループ展】
2011 堂島リバービエンナーレ2011 ″ECOSOPHIA—アートと建築—”/堂島リバーフォーラム(大阪)
2011 Pixiv×kaikaikiki エノテロリズム ―想像力の創造力、神体を生みだす身体―/HidariZingaro(中野)
2012 超群島 – HYPER ARCHIPELAGO/EYE OF GYRE(表参道)
2012 アーティスト・アジト/HidariZingaro(中野)
2012 アーティスト・アジト2/GEISAIgallery(秋葉原)
2012 アーティスト・アジト3/GEISAIgallery(秋葉原)
2012 されど少女は虚空の世界で/FUMA Contemporary Tokyo(八丁堀)
2012 アーティスト・アジト4/多摩美術大学(八王子)
2012 超群島 – ライト・オブ・サイレンス/青森県立美術館(青森)
2013 VOCA展2013 現代美術の展望−新しい平面の作家たち/上野の森美術館(上野)
2013 秋葉原モンパルナス/GEISAIgallery
2013 浄泉寺アートプロジェクト /浄泉寺(尾道)
2013 Intolerance World/GallaryPONCOTAN(札幌)

【その他】
2012 ニコニコ超会議 言論コロシアム「村上隆・GEISAIブース」/幕張メッセ
2012 GEISAI#16/東京流通センター
2013 GEISAI#17/東京流通センター

【受賞歴】
2012 GEISAI#16/飯田高誉賞受賞

作品名 IDEAL WORLD(GOLDEN GUN)
Title IDEAL WORLD (GOLDEN GUN)
作家名 石井七歩
Artist Naho Ishii
作品本体価格 250,000円
額装費 9,000円
消費税 20,720円
合計金額(税込) 279,720円

作品仕様 Work Spec

制作年
2017年
エディション
オリジナル 
サイン
あり 
技法
紙にドローイング 
作品本体サイズ(縦×横)
29.7x42cm
作品の状態
良好 
額仕様
あり 
額寸(縦×横)
33.3x46cm
お届け期間
約3週間 
特記事項
※既存額でのお渡しになります。 
作品ID
51030 

< 戻る