トップページ > リチャード・タトル >  I Thought I Was Going on a Trip But I Was Only Going Down Stairs,

 I Thought I Was Going on a Trip But I Was Only Going Down Stairs,

作品情報 Work Information

サイン
リチャード・タトルは、マルチプル作品として版画に加えて多くのアーティスト・ブック(作品としての本、本の形式をとった作品)を作ってきている。
この、『I Thought I Was Going on a Trip But I Was Only Going Down Stairs』は、1997年にカナダ・トロントのヨーク大学アートギャラリーで開かれた展覧会に際して制作されもの。
アコーディオン状に折られ、10頁になったトレーシングペーパーには、世界各地の観光写真が上段に、展覧会出品作品の画像が下段に、シルクスクリーンでプリントされている。
トレーシングペーパーは、厚紙の表紙・裏表紙に貼り付けられているため、一般的な版画のように額縁に入れて展示することはできないが、淡くプリントされたタトルの繊細な表現をページをめくりながら味わったり、あるいはトレーシングペーパーを引き延ばしてオブジェとして飾ることもできる。

作家情報 Artist Information

リチャード・タトルは1941年ニュージャージー州ラスウェイ生まれ。
1963年、ハートフォードのトリニティー大学卒業。
現在、ニューヨークにて制作活動を行っています。
60年半ばから、タトルは日常の中のありふれた素材を用いた彫刻作品を発表しています。
紙や木片、プラスティック、ワイヤー、金属片・・・、時を経るごとにタトルの素材は多様化し、形も複雑になっていきますが、日常で我々が目にする素材が、突然あらゆる境界を凌駕するパワーを帯び始める表現に変わりはありません。
40年を越えるキャリアの中で、いわゆるポスト・ミニマリスト世代に属しながらも、決して時代に流されないタトルの自由なアプローチは、彫刻、絵画、ドローイング、インスタレーション、ひいては作品集に至るまで、芸術にまつわる全ての活動の定義を押し広げる活動であると言えます。
2005年には、サンフランシスコ近代美術館、ホイットニー美術館ほか名だたるアメリカの美術館を巡回した大規模な回顧展を開催。

1941 Born in Rahway, NJ
1963 B.A. Trinity College,Hartford, CT

作品名 I Thought I Was Going on a Trip But I Was Only Going Down Stairs,
Title I Thought I Was Going on a Trip But I Was Only Going Down Stairs,
作家名 リチャード・タトル
Artist Richard Tuttle
作品本体価格 50,000円
額装費 900円
消費税 4,072円
合計金額(税込) 54,972円

作品仕様 Work Spec

制作年
1997年
エディション
ED 94/100 
サイン
あり 
技法
アーティストブック 
作品本体サイズ(縦×横)
21x15.6cm
作品の状態
良好 
額仕様
なし 
額寸(縦×横)
xcm
お届け期間
約3週間 
特記事項
※額装費は、箱代となっております。 
作品ID
32739 

< 戻る